« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の10件の記事

2008年12月31日 (水)

挟まるって気持ちいい?

今朝、アベニー水槽のウ○コ掃除をしていたら・・・

20081231_01
こんな所に挟まってマッタリしている子がいましたcoldsweats01

フィルターの下も掃除したかったんですが、目の前をスポイトが通り過ぎても全然出て行ってくれなかったんですよ。
自分から出て行ってくれないなら無理矢理出すしかないってことで、ちょっとかわいそうかなって思いながらも別の穴から空気を送って強制退去させた訳なんですが、その時の様子を動画に撮ってみました。


けっこう強引だったかなcoldsweats01

風圧でおもいっきり吹っ飛んでいったので、大丈夫だったかなぁって様子を見てみると・・・

20081231_02
ラムズ君にチューしながらボヘーってしてましたcoldsweats01

でね、この体型を見て思ったんだけど、あえて挟まっていたんじゃなくて、もしかしたらお腹が閊えちゃって出られなかったのかな~なんて思ったりもして・・・

2008年12月28日 (日)

大きくなっちゃったので

5日前に稚魚飼育水槽にいる、ひ孫4期生のアベニー達のケースを大きくしました。

20081228_01
どんどん稚魚が孵化するし、孵化した稚魚は殆ど☆になることなく育っている為、細かくケース分けしてたんじゃキリがなくなってきてしまったので、大きいケースに変更して立ち上げ当初からいる4匹の子と右側のケースにいた子達を一緒にしました。

20081228_02
一緒した際に後ろのケースにいた子の中から大きくなっている5匹も移しました。
水槽立ち上げ当初からいる子と比べるとかなり小さいのですが、別に大きい子にビビることなく餌を食べているし、大きい子も苛めていないみたいなので大丈夫そうです。

20081228_03
左側に写っている3匹が右側のケースにいた子で、右に写っているのが立ち上げ当初からいる子なんですが、大きい子なんかは大きさもそれほど変らなくなってきているんですよ。

20081228_04
右側のケースにいたチビチビ軍団は数が多いせいか、大きい4匹の子達より我が物顔でケースを占拠し、大きい子達の方がビビっていると言うか遠慮しているような感じです。

20081228_05
現在24匹が大きいケースの中にいるのですが、ここが狭くなるも時間の問題なので、そうなったら大きい子から順次ケースの外に出していこうかと思ってます。

20081228_06
こちらは後ろに設置してあるケースなんですが、ブラインを食べているんだけどまだ小さい子達が入っています。

20081228_07

20081228_08

20081228_09
こちらは親水槽に設置してあるケースなんですが、孵化したばかりの子からブラインが食べられるくらいになるまでの子を入れています。

20081228_10
そして、孵化するまではカップの中なんですけどね。

写真を見てもらってもわかるように、けっこう稚魚が増えちゃったんですよcoldsweats01
まだどうなるかはわかりませんが、このまま順調にいくと少なく見ても50匹くらいは生き残りそうな予感が・・・
飼育している水槽も20cmと小さくて水量的に不安があるので、頃合を見てもう少し大きい水槽に変更していかないとなりませんね。

2008年12月25日 (木)

産卵真っ盛り

今年も残り1週間になり、ますます忙しさに拍車がかかってきて、寝不足で体ダルダルって感じの今日この頃なんですが、まごアベニー達は元気いっぱいで毎日子作りに精を出しているんですcoldsweats01

20081225_01
ちゃんと掃除をする時間と体力がないので水槽の内側も外側も汚いままなのですが、それは見なかった事にしていただくとして、まごアベニーがいる第2水槽では産卵真っ盛りでして、私が仕事から帰る頃にはいつも真っ最中なんですが、なぜか水槽の中央から左側にアベニー達が集まる傾向があるのです。

20081225_02
2個設置してあるうちの、普段から卵の回収率の高い左側の投げ込みフィルターの傍に、このような陶器でできたフェンスを意図的に置いているのですが、このフェンスがいい働きをしてくれているみたいなのです。

20081225_03
いい具合に波を打っていて、この出っ張ったり凹んだりしている部分が産卵場所としての役目を果たしているんです。

20081225_04
あと、写真に写っているL型ジョイントなんですが、今までは後ろの方に向けていたんですけど、この付近で沢山卵が回収できるので、回収しやすいように前の方に向けてしまったんですけど、前に向けたことによってこの場所で産卵しなくなっちゃうのでは?と思い、ちょっとした目隠しがわりに置いたところ効果があったみたいで、後ろに向けていた時と変らずに毎日この付近では確実に卵が回収できるんですよ。
でね、昨日もこの付近の底をスポイトで弄っていたら・・・

20081225_05
近くでアベニーのオス2匹が1匹のメスに求愛をしてまして

20081225_06
メスも卵を産む気満々って感じだったんですけど

20081225_07
ちょっと焦らすみたいな感じでスルリと身を翻して逃げたりして、メスが逃げたのに気付かないオスが、もう一匹のオスに身をすり寄せているってアクシデントがあったのですが、この3匹の求愛から産卵と食卵に至るまでを動画に撮ってみました。


ちょっと分かりづらかったと思うのですが、産卵していた所って分かりました?
フェンスの所で産んでたんですけど・・・
2匹のオスは近くに別のメスが居ても脇目も振らずって感じだったし、途中から別のオスが参入してきたりなんかもしてましたね。
メスは自分が産んだ卵を食べ始めるし・・・
1個食べた時点でスポイトで邪魔をして、すかさず卵を吸い取っちゃいましたcoldsweats01

20081225_08
収穫はと申しますと、動画で産卵していた場所と、その付近をスポイトで弄ったら7個の卵を回収することができました。
確実に1個は食べられてしまったんですけどね。

20081225_09
フェンスを入れてからはフェンスの辺りでの産卵が多くなっているみたいなのですが、うちの場合は水槽内にフィルターくらいしか入れてないので、産卵する場所って限られてしまっているんですよ。
写真に写っているように、水槽の角の部分だったりガラス面に沿った部分とか

20081225_10
フィルター周りの体を寄せ付けられる部分に産むみたいなので、そういった所の要所要所にアベニーの体が収まるくらいのちょっとした窪みを作ってあるんですけど

20081225_11
様子を見ていると、やっぱり少し窪んだ部分で産卵していることが多いみたいです。

毎日毎日そこかしこで産卵しているので、最近はけっこう卵も回収できたりするのですが、稚魚もかなり増えてきちゃったので、頑張ってくれているんだけどそろそろ回収するのを止めないとなぁって感じなんです。
いま順調に育っている稚魚だけでも24匹ほどいますし、餌を食べ始めた稚魚も15匹くらいいて、更にまだ餌が食べられない稚魚もそれなりにいて、孵化しそうな卵も・・・ってな感じになっているんですよcoldsweats01
これから先どうなるかは、まだわからないんですけどね。
その稚魚達については、また後日に報告しますねhappy01


それから、更新も滞りがちで見に来て下さっている方にはご迷惑をおかけしてますし、コメントいただいているのに返事が遅れてて申し訳ないです。
コメントのお返事は近日中に書きますし、もう少ししたらこの状態も少しは良くなると思います。
本当にゴメンなさい。

2008年12月19日 (金)

フィルター買換えました

先週の日曜日に底物水槽の外部フィルターを掃除したんですけど、以前から時々調子が悪くなることがあったテトラのユーロEX75が、とうとうダメかっていうくらい最悪の状態になってしまいました・・・
うちで使っている外部フィルターの中では一番新しいのですが、それでも10月で2年経ってしまってメーカーの保障期間も過ぎちゃっているので、新しいフィルターを購入しました。

20081214_01
これなんですけど、見ての通りエーハイム エコ コンフォートプロ2034です。

20081214_02
ちゃんとプロって書いてありますcoldsweats01
本当は2036が出るまで待ちたかったんですが、入荷予定とされていた日を過ぎても発売していないみたいだし、いつまでもエーハイムエコフィルターL(2235)だけで頑張るのも心配だったので、とりあえず発売している2034を購入しました。

20081214_03
さっそくですが、モーター部分を外したところです。

20081214_04
これが今回の変更点であるプレフィルターコンテナです。

20081214_05
プレフィルター用粗目パッドを外すとこんな感じになってます。

20081214_06
プレフィルター用粗目パッド

20081214_07
プレフィルターコンテナを取ったところ

20081214_08
ろ材コンテナを取り出してみました。

20081214_09
ろ材コンテナは2個です。

20081214_10
蓋の部分を上から見るとこんな感じです。

20081214_11
蓋の上の部分はプレフィルターコンテナが収まるようになっています。

20081214_12
内側はこのようになっているんですが、この部分に

20081214_13
付属ろ材の活性炭フィルターパッドと細目フィルターパッドを

20081214_14
収めるようになっています。

20081214_15
でもね、これを買っちゃったので、付属の細目フィルターパッドじゃなくてゲルマットを使っているんですよcoldsweats01

20081214_16
付属品は給排水ホースと

20081214_17
排水パイプ、ストレーナー、開閉タップ、吸着盤、吸水パイプ、クリップ(吸着盤用)、クッションラバー、ワセリン

20081214_18
あと、サブストラットプロ レギュラー 2リットルです。

フィルターのスペックは
適合水槽  60~75cm(約57~114リットル)
ホース径 12/16φ(吸排水共通)
ろ過槽容量 4リットル(ろ材コンテナ2個+プレフィルターコンテナ1個付)
流量  50Hz 500リットル/h  60Hz 550リットル/h
最大揚程  50Hz 1.0m 60Hz 1.3m
消費電力 50Hz 6W  60Hz 8W
外寸 205mm(直径)×370mm(高さ)
だそうです。

箱から出した時にちっちゃ~い、こんな小さくて大丈夫なのか?って思ったんですが、なかなかいい仕事をしてくれているみたいです。

セットしたばかりなのでちょっと水流がキツイのか?コリ達が水槽の前面にいたので、写真なんぞを撮ってみました。

20081218_01

20081218_02

20081218_03

20081218_04
1週間以上エコフィルターL(2235)だけだったので濾過不足が心配だったのですが、コリ達も元気そうだしこれで一安心って言ったところですhappy01

2008年12月16日 (火)

そこまでするか・・・

ひ孫3期生のアベニー達がいる水槽に入れているフィルターの水作エイト・ドライブなんですが、ろ材ケースの下の部分に空間があってアベニー達が遊び場にしたり隠れ家にしたりしているって書いた事があるのですが、入ったまま出てこない子なんかもいて入りっぱなしもマズイだろうってことで、定期的にフィルターを持ち上げて出すようにしているのですが、昨日もフィルターを持ち上げてみたら・・・

20081215_01
最初は底にお腹を付けてマッタリしていたんですが、ちょっと持ち上げたらフィルターと一緒にくっ付いてきたんで一旦下に戻したんですが、もう一度同じ事をするかな?って持ち上げてみたらね


急いで動画を撮ったので思いっきりボケまくっているのですが、フィルターと一緒に上に上がってくるのがわかるでしょ。
面白かったので3回も上げたり下ろしたりしちゃったんですけど、一向にフィルターの中から出ようとしなかったんです。

20081215_02
これは4回目に持ち上げた時の写真なんですが、見事に背中をフィルターの底にくっ付けているでしょ。

20081215_03
普通は1回持ち上げると出て行ってしまうのですが、この子は何回やっても出て行かなかったんですよ。

20081215_04
この場から絶対に離れませんって感じでしたcoldsweats01

結局は私の方が根負けして、この子の好きにさせたんですけどね。
なかなかの頑固者ですhappy01

2008年12月14日 (日)

久しぶり~

アベニーパファーひ孫4期生の1号と2号が居るケースの中を覘いたら、2匹しか居ないハズなのに数が多いような気がしたので、気のせいかな?と思いつつ良く見てみると・・・

20081214_01
ひ孫3期生の子が入り込んでいましたcoldsweats02

20081214_02
この子って、以前にも1号のケースの中に度々入り込んでいた子なんですが、今のケースになってからは一度も入り込んだことは無かったんですけど、また水を掬ったカップの中に入り込んじゃって、私が気付かずにそのままケースの中に流し込んじゃったんでしょうねcoldsweats01
入り込んでしまった子の上に写っているのは2号なんですが、何かあるとすぐに落ち着きが無くなるのに、2号は入り込んでしまった子に気が付いていないのか?って感じで、普段と変らずに落ち着いていたんですが、入り込んでしまった子の方は2号が近くに来る度にビクビクしちゃって、一生懸命に隠れようとしていました。

20081214_03
2号が立ち去った後に入れ替わるような感じで、今までケース左側の奥にいた1号が入り込んでしまった子に気付いて、あれ?って表情で近づいて来てきたんです。

20081214_04
何かを確認するかのように入り込んでしまった子を、じぃ~っと見つめていたんです。
キミ前にも来た事あるよねぇ?って感じでねhappy01
入り込んでしまった子の方も、1号が近づいた時に一度は逃げたんですが、その後は怯えた感じも無く、しばらくは1号と一緒にいました。

20081214_05
一緒にいた1号も立ち去ってしまい一人ぼっちになってしまったので、また2号が来る前に網で掬ってケースから出したんですが、ケース越しに何度もあっているハズなのに、ほんのちょっとだけど何度か一緒に居たことのある1号と、いつも見ているけど一緒に居たことの無い2号に対して、ここまで態度に違いがあったのにはビックリしました。

でも、なんでいつもこの子ばっかり入っちゃうんだろう・・・


それと全然話は違うのですが、3枚目の写真に大きくて真っ白くなっているラムズ君が写っているのですが、そのラムズ君って2号のお友達のラムズ君なんです。
関連記事1関連記事2

20081214_06
この写真に写っているラムズ君がそうなのですが、右側に写っているのが2号です。
大きくなっちゃったでしょ。
最近では一緒に遊ぶことも無くなり、前みたいに微笑ましい光景は見られなくなってしまったのですが、時々このラムズ君の傍に2号が寄り添っているのを見かけるので、お友達の関係は続いているのかな?

2008年12月11日 (木)

茶ゴケやら水アカやらで

アベニー稚魚達の水槽が汚かったので、昨日の朝に稚魚水槽の掃除をしました。
でね、水槽の中に2個のケースを入れているんですが、1個は大きくなっている4匹のチビチビアベニー達が使っていて、もう1個のケースにカップ内で孵化した子を移していたんですけど、餌を食べている子達の中に孵化したての稚魚を入れると齧られてしまう危険性が高いですし、かと言ってカップ内で餌が食べられるくらいまで育てるとなると、また水カビの恐怖に怯えなくてはならなくなるので、ケースをもう1つ追加することにしました。

20081210_01
カップの中に入れてある卵なんですが、そろそろ孵化しそうなのがけっこうあったんですよ。

20081210_02
この写真に写っている稚魚は、水カビに侵されていた卵から無理矢理に出してしまったんですが、ちょっと出るのが早いかなぁって感じなんですけど、そのままにしていたら間違いなく水カビまみれで死んでしまうでしょうし、けっこう強引に卵から出してしまったので死んじゃったかな?って心配だったんですが、しばらくして動いている姿が確認できたので、運がよければ生き延びてくれるんではないかと・・・
でも、ちょっと未熟児っぽいんですよねぇ。

20081210_03
この稚魚は、孵化してまだそんなに経ってない稚魚です。

20081210_04
この稚魚は、ケースの中で餌を食べている子達と一緒にいる子です。

20081210_05
ケースの中にはこのように大きくなってきている子もいて

20081210_06
まだ体が赤い稚魚との体格差が・・・

20081210_07
孵化した順に次々と入れていたので、体の大きさがかなり違うんですよ。

20081210_08
起き上がっている稚魚ならまだ危険を察知して逃げることもできるんですが、さすがに寝そべっている稚魚はねぇ~
ちょっとマズイかなってcoldsweats01

20081210_09
上から見るとこんな感じです。
大きいのから小さいのまで全部で19匹もいたんですcoldsweats02

20081210_10
で、ちゃっちゃと水槽とケースを洗って、こんな感じにセットしました。

20cmの水槽にケース3つは無理かと思ったんですが、ケースとケースの間はスポイトが入るくらいの隙間がとれましたし、水槽内の水を小さいカップで汲み取るスペースも確保できたんですよhappy01
写真左側のケースには1ヶ月を過ぎた4匹が入っていて、その後ろに写っているケースには一つ上の写真で体が赤くて寝そべっている稚魚2匹とカップで孵化した2匹、更に掃除をしている間に卵から3匹孵化していたので、寝そべっている7匹の稚魚達が入っています。
右側のケースには17匹の稚魚を入れました。
朝の時点では合計で28匹になっていたんですが・・・
夜には右側のケースで稚魚が2匹死んでいましたcrying
掃除の為に別のケースに移してあった時に、弱っているっぽい子が2匹いたのですが、たぶんその子が死んでしまったのではないかと・・・
1ヶ月を過ぎている4匹と右側のケースにいる体が大きい子達は、前に掃除の経験があるのですが、その他の子にとっては初めての掃除だったので、弱っているうえに更に負担をかけてしまったんでしょうね。
弱っているのに気付かなかったとは言え、可哀想なことをしてしまったとちょっと反省しているところです。

2008年12月 9日 (火)

無事に1ヶ月が経ちました

ずーっと記事にしていなかったので忘れられてしまったかと思うんですが、先月に立ち上げた稚魚飼育水槽に移した、アベニーパファーひ孫4期生の4匹の稚魚なんですが、一匹も☆になることなく1ヶ月を迎えました。

水槽に移した時には体がまだ赤くて本当に稚魚だったんですが、現在ではチビアベニーって感じになりました。
写真では大きく見えるんですが、実際にはまだ小さいんですけどね。

20081208_01
ウ○コをつけている子が一番大きい子なんです。
11月3日に生まれた子なんですが、ケースの前面にいることが多くブラインが落ちてくるのをいち早く察知し、人一倍食べていたせいか?かなり早いうちから体が大きくなりました。

20081208_02
こちらは2番目に体の大きい子です。
体の模様がハッキリしていて、4匹の中で目立つ子って感じです。
なかなか可愛いでしょhappy01

20081208_03
こちらの2匹は上の2匹より3日遅れで生まれた子なんですが、2匹いるうちの手前に写っている子が一番体が小さい子です。
小さいんだけど元気いっぱいって感じです。

20081208_04
後ろに写っている子は一番小さい子と同じ日に孵化した子で、ちょっと前までは一番小さい子と同じくらいの大きさだったのですが、ここ何日かで大きくなったんですよ。

動いている様子も動画に撮ってみました。


ブラインを入れる前に撮ったものなんですが、ちょっと焦らしてみたんですけど、最後の方でアベニーちゃんに目で「ご飯まだぁ~」って訴えられちゃいました。


ちょっと焦らしたので最初の食付きは良かったんですけど、すぐにいつものように時間をかけてのんびり食べる食べ方になっちゃいました。
もっとガツガツと短時間で食べてくれると、世話をするのも楽なんですけどね。

そして、この4匹の他にもチビ達が増えました。

20081208_05
見つけた卵から赤くなっている物だけをケースに入れてたんですけど、たぶん12匹~15匹くらいになっているんじゃないかな?
日に2~3匹はケースから脱走してたり、小さすぎて隙間から落ちちゃってる子なんかもいて、様子を見る度に稚魚を拾ってるんですよ。
早く隙間から出たり落っこちたりしないくらい大きくなってくれると助かるんだけどなぁ~

20081208_06
でね、まだこんな子なんかもいて・・・
卵も幾つか残っているので、まだまだ増えそうですcoldsweats01

稚魚水槽の現在はこんな感じなんですが、どの子もまだ気を抜けない状態なんで、このまま皆何事も無く育ってくれたらいいなぁって思ってます。

2008年12月 4日 (木)

アベニーによる水温チェック

ひ孫3期生のアベニー達がいる水槽をぼんやりと眺めていたら、水槽奥から1匹のアベニーが水温計の傍に近づいてきてきたんです。
そして水温計を見てたんですけど、その仕草がまるで・・・

20081204_01
アベニー「今日も水温チェックしないと」

20081204_02
アベニー「え~と」

20081204_03
アベニー「赤い線がここまでだからぁ」

20081204_04
アベニー「えっとね、25℃だよ!」

とでも言っているかのように思えちゃったんですcoldsweats01
だって、こりだけやってすぐに奥に戻っちゃったんだもん。

2008年12月 2日 (火)

調子が良くないので・・・

デジカメを買い替えちゃいました。
とは言ってもイチデジじゃ無いんですけどねcoldsweats01

20081201_01
イチデジが欲しかったんですけどね、今回買ったカメラの倍以上の値段なので、やっぱり無理って事で諦めました。
で、今回買ったのはRICOH R10です。
今まで使っていた同じくリコーの Caplio R5 なんですが、去年の1月に初めて買ったデジカメでね、買ってから毎日使い続けていたんですが・・・

20081201_02
この写真はバッテリーを装着してあって、この状態で蓋を閉めるわけなんですが、このバッテリーを固定する部分がね

20081201_03
割れてしまったんですよcoldsweats02

20081201_04
ものの見事にパキッと割れちゃいましてね

20081201_05
バッテリーを入れると写真のようになるんですよ。
蓋は閉まるんですが、押さえ込む物が無くなったせいで接触が悪く、なかなか電源が入らなかったり、ちょっと傾けると電源が落ちちゃったりするんですよ。
写真を撮っている最中に電源が落ちちゃう事も多くて、それでも1ヶ月くらい我慢して使っていたのですが、我慢にも限界がきてしまってので急遽購入することにしたんです。

20081201_06
また同じメーカーのものを買ってしまったんですが、まだ2年も経ってないのにR5からR10になってたんで、いままで使っていたものがすごーく古いもののような感じがしましたcoldsweats01

20081201_07
デザインもだいぶ変っていて、握りやすいように盛り上がりがあり、滑らないようにラバー素材になってます。
R5の時には、がっしりと握れたのでこのような物が無くても大丈夫だったのですが、裏を見て納得しちゃいました。

20081201_08
液晶モニターが2.5型から3.0型と大きくなっているので、その分ボタンの配置が右側に寄ってしまったので、親指を置くスペースがほとんど無い感じになっていました・・・

20081201_09
一番場所をとっている丸いボタンが以前の物でしたら右下にあって、握り込む部分にも余裕がありボタンを触っちゃうってことがなく、ちょうど親指が当たる部分には小さいポツポツした滑り止めみたいなのがあったので、しっかり握れて片手での撮影がとっても楽だったんですよ。
これだと片手での撮影は大変かもね。

20081201_10
上部はこんな感じになってまして、左から電源ボタンとシャッターボタンとモード切替ダイヤルになっています。

20081201_11
電源ボタンの位置が右から左に移り、間違って押しちゃう心配がなくなったせいか少し大きくなって押しやすくなり、シャッターボタンの所にズームレバーが付いているのですが、これは使いやすいかも。
ただ、撮影モードを選択するダイヤルがね、なにもこんなに大きくなくてもいいでしょうって感じです。

20081201_12
ここがバッテリーを装着する部分なんですが、黄色いものがバッテリーを固定する物です。
今まではバッテリーの出し入れをする際に、固定している物を少し持ち上げて出し入れしてたんですが、今回のはスライド式になっています。
こちらの方が固定する部分にかかる負担が少ない感じがするのですが、充電するのに頻繁に出し入れしてどれくらいもってくれるかなぁってところですね。


20081201_13
大きさの違いはこんな感じです。

20081201_14
厚さは微妙に薄いかも

20081201_15
横幅はモニターが大きくなった分、けっこう長くなってますね。

仕様としては
有効画素数  約1000万画素
マクロ撮影距離  レンズ先端から約1cm~
ズーム倍率  7.1倍光学ズーム(28~200mm)、デジタルズーム:4.8倍
ISO感度  AUTO、AUTO-HI、80 / 100 / 200 / 400 / 800 / 1600
シャッター  〈静止画〉 8、4、2、1~1/2000秒 〈動 画〉 1/30~1/2000秒
液晶モニター  3.0型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶 約46万ドット
外形寸法  102.0mm(W) x 58.3mm(H) x 26.1mm(D)突起部含まず
質量  本体約168g+付属品約23g
電池寿命  付属バッテリー使用時:約300枚
内蔵メモリー  約54MB
って感じで、撮影機能に電子水準器って言うのもあるらしい。

色々と機能が増えているみたいなんですが、慣れなくて色々と試している最中なんで、まだうまく撮れないんですよねぇ~
果たして使いこなせるのかが心配ですcoldsweats01

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

リンク