« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の22件の記事

2009年1月30日 (金)

ちびちびアベニー達の引越し完了

ひ孫4期生のちびちびアベニー達なんですが、少々痩せている子なんかもいますが全体的にはすくすくと育ってくれちゃって水槽がパンパン状態になってしまったし、水槽を置いてある場所が常に目が届く所では無いので、月曜日に水槽の変更と世話がしやすいように場所移動を行ないましたhappy01

20090126_01
撮った写真を見るたびに思うんですけど、なぜか沢山いるようには見えないんですよね~
実際には所狭しとチビアベニー達がいて、スポイトでウ○コ掃除をするのも大変なんですよcoldsweats01

20090126_02
これって少ない方なんですが、ざっと掃除をして1回分なんですよ。
ウ○コ掃除だけで2回、食べ残しのブライン掃除も含めると1日に4回も掃除しないとならないんですが、アベニー達を避けつつ掃除するのってかなり神経を使うんですよ。
だから水槽も狭くなってきたことだし、もうちょっと掃除がしやすいように大きい水槽に移ってもらうことにしたんです。

ひ孫4期生のアベニー達の水槽を移動する為に、隔離水槽にいる老眼の爺さんアベニーと、ひ孫3期生達にも場所移動してもらうことにしました。

20090126_03
まず隔離水槽にいる老眼の爺さんなんですが、まご助が亡くなった後は水槽を変更するのが面倒だったので35㎝水槽に1匹だけ(ラムズ君と同居)で生活していたんですが、この爺さんの水槽を小さくしました。

20090126_04
本当は先日購入した水槽に入れる予定だったのですが、思っていたより水槽の高さがあってこの場所に置くには無理があったので、ひ孫1期生達に使っている水槽と同じニッソーのクリアメイトを使うことにしました。
実は予備に1本買っておいたんですよcoldsweats01

20090126_05
この爺さんって目が悪くなってからとっても臆病になっているので、コードが出せるくらいの隙間はあっても蓋が閉まる水槽の方が飛び出しの危険性が少ないかなぁと思い、この水槽を使うことにしたんです。
もう4年2ヶ月~3ヶ月くらい経つ子なんですが、あとどれくらい生きられるかわからないけど余生はこの水槽で過ごしてもらおうかと思っています。

20090126_06
次にひ孫3期生&ひ孫4期生の1号と2号達なんですが、かなり前に買い置きしてあった45㎝水槽に変更し、今まで老眼の爺さんアベニーの水槽を置いてあった場所に移しました。

20090126_07
ひ孫3期生のアベニー達も早生まれの子は1年を過ぎ、遅生まれの子達も後1週間くらいで10ヶ月になるのでそろそろお年頃って感じなんですけど、求愛行為は見られないもののオス同士の小競り合いが頻繁に見られるので、少しだけですが広い水槽に変更することにしたんです。
年内には玄孫が誕生なぁんてことが起きたりして・・・

20090126_08
こちらは相変わらずケースの中にいる1号と2号なんですが、右に写っているのが1号で左が2号です。
早いもので1号は6ヶ月半を過ぎ、2号ももうすぐ6ヶ月になるんですよ。
ひ孫4期生のチビチビ達がもう少し大きくなったら同居させようかと思っているのですが、後1ヶ月以上はかかりそうなんで、それまではケースの中で過ごしてもらうことになりそうです。

20090126_09
そしてこちらがチビチビ達です。
今まで20㎝の水槽だったので水槽を変更する時に30㎝にするか35㎝にするかで迷ったんですけど、ケースを設置しなければならなかったので35㎝に変更しました。

20090126_10
水槽を大きくしたのでメインのフィルターも大きい物に変更しました。

20090126_11
この小さいフィルターはいらないかなって思ったんですが、ここを利用する子なんかもいるので残すことにしました。

20090126_12

20090126_13
どうです?けっこういっぱいいるでしょcoldsweats01
1日に1匹~2匹☆になっていた時期もあったので、けっこう減っているかと思ってたんですけど、数えたら78匹も生き残っていたんですよcoldsweats02
まだまだ☆になる子が出る可能性はあるのですが、今の所はこの数で落ち着いているみたいです。

20090126_14
目に障害のある子もケースの中で頑張って餌を食べてるんですよ。
大きくなるまで生きていられるかどうかはわかりませんが、目に障害があっても4年近くまで生きた子もいますし、まご2期生の片目が完全に無い子ももうすぐ2年9ヶ月を迎えるのですが、生存競争が激しい第1水槽(子アベニー水槽)で頑張っているので、その子に負けないようこの子も生き延びてくれるといいなぁ。

とまぁ、こんな感じで引越しを終えたわけなんですが、チビチビ達も日々成長しているので、この水槽が狭くなる日もそう遠い先のことでは無いような気が・・・
そうなったらそうなったでその時に考えればいいかなcoldsweats01

2009年1月25日 (日)

こっ怖かった~

ひ孫4期生のちびちびアベニー達を眺めていた時、ふと目にとまった子がいたんですけど・・・

20090125_01
皆は水槽内をフヨフヨ~と漂ったり底で餌さ探しをしているなか、1匹だけこのような場所にいたんです。
いい隠れ場所見つけた~って感じでマッタリしていたんですが、ほんのちょっと目を離したらいなくなっていたんですよ。
あれ~どっか行っちゃったとか思っていたら・・・

20090125_02
ほんの少し場所移動してましたcoldsweats01
でもね、少し様子が変でキスゴムと同化しようとしているような感じだったんです。
何なんだろうと思ってよく見てみると

20090125_03
今までいなかったんですけど、写真下の方に写っているくらいの大きさのアベニーが3匹ほどフィルターのすぐ下辺りでフヨフヨしてたんですよ。
その下にいる子達に気付かれないように身を潜めているって感じだったんですけど

20090125_04
下にいた子達が離れて行ったと思ったら

20090125_05

20090125_06

20090125_07
また元の場所に戻っていきましたcoldsweats01

本人にとっては怖くて必死に隠れたんでしょうから笑ったらかわいそうなんですけど、必死で隠れている姿もまた可愛かったりしてねhappy01

2009年1月24日 (土)

大きくなれるかなぁ・・・

ひ孫4期生のアベニーの中に泳げるようになった頃から泳ぎ方が変な子がいたのですが、常に体が斜めに傾いて泳いでいたので、もしかして目か鰭に障害のある子なのかなぁと思ったんですけど、その当時ケースの中に入っている子の数が多かったし、それでなくても障害のある子って生き残るが難しいし、このところ変な泳ぎ方をしている子を見かけなくなったので、もう☆になってしまっているとばかり思っていたのですが、その泳ぎ方が変だった稚魚らしい子が生きていたんですよ。

20090124_01
たぶん、この子だったんじゃないのかなって思うんですけど

20090124_02
この写真に写っている方の目が変なんです。

20090124_03
ちょっと遠くてわかりづらいのですが、正面から見ると向かって右側の目が真っ黒でしょ。

この前の日曜日の夜に見つけたんですけど、泳いでいる姿は見る事ができなかったんですよ。
餌も食べられているみたいだし、いままで皆と一緒でも生きてこれたから大丈夫だろうと思ったんですが・・・

20090124_04
翌日の夜に必死で餌を食べようとしている姿を見てしまったんですよ。

20090124_05

20090124_06

20090124_07

20090124_08
片方の目で餌を探しているので動きの早いブラインだと見失ってしまう為、皆が食べ終わった後のちょっと弱って動きの鈍くなったブラインしか食べられないみたいなので、餌を食べるのにすごーく時間がかかっているんです。
しかも皆の半分くらいの量しか食べられていないんですよ。
そのうえ周りも警戒したりしているので、余計に食べるのに時間がかかっているみたいなんです。

20090124_09
このままだと食べる量が少なくてなかなか大きくなれそうに無いし、せめて周りを警戒しないで食べるのに専念させてあげようかと思い、大きくなるまでケースの中で飼育することにしました。

20090124_10
現在は小さいケースの中にいるのですが、今日でケースに移って5日目なんですけど、毎日お腹パンパンになるまで餌を食べているんですが、まだ大きくなったなぁって感じはしないんですよね~
この子より小さかった子は、どんどん大きくなっているんですけどね。

本当は隔離なんかしないで今の状況下で生き抜いていってもらわないとならないのですが、ちょっと小さすぎるから少し大きくなるまでの間って感じで、そんなに長くは隔離しないようにしようかと思ってるんですけどね。

2009年1月22日 (木)

小っちゃいなりに警戒しているよ

自分の体の何倍もある大きな子の傍に自ずから進んで寄っていく小さいアベニー達なんですが、アベニーには変な癖があるって言うか軽い突き合いは日常茶飯事なものですから、体が同じ大きさ同士の子だったらまだしも大きい子が小さい子を突いてしまったらかなりのダメージだと思うんですよ。
サイズが極端に違う子を一緒の水槽に入れている私も私なんですが、多少は危機感を持って大きい子達と接してくれればいいのにって思ったりもするんですよねぇ。
でもね、そんな無謀ともとれる行動を平気でやっている反面、アベニーには小さいうちからちゃんと警戒心は具わっているようです。

20090122_01
スポンジフィルターの上に1匹のチビアベニーがいたんですが

20090122_02
離れた場所に大きいアベニーが出現!

20090122_03
小さい子は何か気になる物があるのか?上ばかりを見つめていたんですが、大きい子がゆっくりと近づいてきて2匹の距離が徐々に縮まってきました。

20090122_04
大きい子が小さい子のいる方に体を向けた時、上を向いてホバリングしていた小さい子がゆっくりと上昇し出したんです。

20090122_05
大きい子の存在に気付いてない様な感じがしていたのですが、大きい子の存在に気付いていないような素振りをしつつ一定の距離を保つかのように2匹は動いていました。

20090122_06
そして更に大きい子が近づいてくると大きい子をかわすかのように体を曲げて、この後に大きい子がほんの少し動いた時点で小さい子はこの場所からいなくなってしまいました。

20090122_07
こちらは体の大きさがそれほど違わない2匹なんですが

20090122_08
1匹が動き出して2匹の間の距離が縮まると、もう1匹の子の方が相手をかわそうとするって言うか、いつでも逃げられる体勢っていうのかな?そんな体勢をとるんですよねぇ。

20090122_09
これも後ろから来た子に対してこのような体勢をとってるんですが、この体勢でこの距離を保ちつつスポンジの上部まで移動していましたcoldsweats01

すごーく鈍くさそうに見える子でも、後ろに目がついているのか?って疑いたくなるくらい、近づいて来る物は敏感に察知しているみたいです。
アベニーの色々な角度に良く動く目ってかなり視界が広そうなので、もしかして本当に後ろも見えているのかも・・・
察知はしていても一定の距離を越えて近づいてこなければ平気って感じで、その一定の距離って言うのがどれくらいなのかは定かではないのですが、本人達から見てちょっとヤバイかもってくらい近づいてくると回避ようとする行動をとり、これ以上近づかれると攻撃された時に回避できないって線を越えると、その近づいてきている相手から遠ざかろうとしている感じがします。
別に何かをしようと近づいてきた訳ではなく、たまたま近くに来ちゃったって相手に対してもね。

この行動って、やっと泳げるようになったかなって稚魚のうちから見られるので、これも持って生まれた本能なのかな?

2009年1月21日 (水)

小っちゃくたって平気だよ

ひ孫4期生のチビチビアベニー達なんですが、けっこう孵化した日に差がありまして、稚魚水槽を立ち上げた当初からいる子と最後に孵化した子の差が約2ヶ月くらいあるんですが、現在ではケースを撤去して大きい子と小さい子を隔てる事無く一緒の水槽内にいるんです。

20090121_01
こんなにサイズが違うんですよcoldsweats01

20090121_02
大きいケースが邪魔になりつつあったのでちょっと小さいかなぁと思いつつ、とりあえず全員出してみてダメそうな子を小さいケースにいれようかなって思ってたんですけど、今のところ見る限りでは突かれそうになっている子は出ておらず、小さい子達も全然平気そうなのでケースを撤去しちゃいました。

20090121_03
心配していた小さい子達なんですが、大きい子を怖がることなく自分から大きい子の方に寄っていったりしているんです。

20090121_04

20090121_05

20090121_06
こんな感じで寄り添ってみたり

20090121_07
この小さい子や

20090121_08
大きい子の口元に写っている子なんかも自分から近づいてきたんです。

20090121_09
あまりにも怖いもの知らずな行動に私の方がハラハラしちゃうんですが、こんなに体格が違っていても本人達は動じていないんですよねぇ~
かえって大きい子達の方が、なんなんだこいらって感じで見ているんです。
大きい子達がお腹が空いてイライラして小さい子を齧ったりしないように、常にお腹がパンパンの状態にしているんで、小さい子達もすぐに大きくなるとは思うんですけどねhappy01

20090121_10
でも、さすがにこんなチビチビは一緒にできないんですけど・・・
親水槽内で見つけてしまった稚魚なんですが、この子の他にも数匹いるんですよ。
せっかくケースを撤去したのに、また設置しないとならなくなりそうですcoldsweats01
その時には大きい水槽になっているとは思うんですけどね。

2009年1月20日 (火)

デビュー後の5匹

いままでケースの中で育てていた5匹のチビコリパンダなんですが、底物水槽にデビューさせてから1週間が経ちました。
過密状態にも耐えられる大きさに育っていたし、餌も何でも食べられる状態になっていたので、デビュー後も何の問題も無く現在に至っております。

その5匹なんですが、ちょっと大変だったんですけど何とか写真に収めることができました。

20090120_01

20090120_02

20090120_03

20090120_04

20090120_05
どうです?皆堂々としているでしょhappy01

元からいる子より体色がまだ薄いのでかろうじて判別できるのですが、あと1週間~2週間もすれば体も大きくなってくるし、体色も他の子と変わらなくなってくると思うので、どの子がそうなのかは分からなくなっちゃうんだろうなぁ。

まあ、元気でいてさえくれればどうでもいいんだけどねcoldsweats01

2009年1月19日 (月)

隠れてたのにー

今朝、ケースの掃除後に写真を撮っていたら、面白い格好をしているアベニー稚魚を発見してしまいました。

20090119_01
どこにいるか分かります?

左側のケースの底の隙間にいるんですけど・・・

20090119_02
こちらが拡大した写真です。
なんか見事にハマってますよねぇcoldsweats01

外にいる子に尾でも齧られたら大変だから、吸い上げたんですけどね

20090119_03
すぐさま別の隙間に隠れちゃいましたcoldsweats01

でも、これって頭隠して尻隠さずだよね。

2009年1月18日 (日)

LSSスポンジフィルターを買ってみた

私がアベニーの繁殖時に好んで使っているスポンジフィルターって、小さい物から大きい物とサイズが豊富なところが気に入ってるスドーのブリーディングフィルターなんですけど、ちょっと前からLSSのスポンジフィルターが気になってたんで、ひ孫4期生の稚魚水槽を変更する際に使ってみようかと思い購入しました。

20090118_01
今回買ったのは、こちらの置型タイプの物です。

20090118_02
左からLS-12S(適合水量12リットル以下)、LS-15B(適合水量15リットル以下)、LS-30S(適合水量30リットル以下)です。
パイプの長さが5cmあって実際には写真の倍の長さがあるのですが、うちの高さが低い水槽で使うにはちょっと長かったので半分に切って取り付けてあります。

20090118_03
現在使っているフィルターと大きさを比べてみました。
一番右が水作エイトドライブM(適合水量35リットル以下)で、その隣がスドーブリーディングフィルターMS(適合水量12リットルまで)です。
ちなみにケースの中に付けているのは、ブリーディングフィルターSS(適合水量2リットルまで)です。

20090118_04
フィルターの上部はこんな感じ

20090118_05
上から見たところ

20090118_06
プラネットタイプの方はこんな感じです。

このフィルターなんですが、スポンジの底と台が密着していなくて間があいているんですけど、この部分てアベニー達が好きそうだよなぁ~って思っていたら・・・

20090118_07

20090118_08

20090118_09
それってキミ達用のフィルターじゃ無いんだけどなぁcoldsweats01

ひ孫4期生の稚魚達が大きくなってきたので、そろそろ20㎝の水槽では窮屈になりつつあるし、水量的にもちょっと不安なので近い内に水槽を変更しなければと思っているし、稚魚水槽を世話がしやすい場所に移動したいので水槽の配置換えも考慮に入れて準備を始めているんですよ。

20090118_10
それでもってフィルターの他にも水槽を買ってしまったりして・・・
GEXのジェノア2なんですけど、このサイズで単体で欲しかったんですがやっぱりセット水槽なんですよねぇ~
まぁ、フィルターは妹が飼っているカメ蔵に使っている物と同じで、年に1回新しい物にしているみたいなのであげればいいかな。
幅27㎝、奥行き22㎝、高さ28㎝で水量が12リットルの水槽なんですけど、こちらには現在35㎝水槽(隔離水槽)でラムズ君達と同居中の老眼の爺さんアベニーに入ってもらう予定なんです。

水槽の容量をあまり変えずに重量を減らしつつ、水槽の幅を狭くして40cm水槽を置くスペースを確保しなければならないのが頭の痛いところなんですが、予定では何とかなりそうですhappy01

2009年1月17日 (土)

膨れないでよー

ひ孫4期生のアベニー稚魚なんですが、まだケースの中にいる小さい子達の写真を撮っていたんですけど、写真も撮り終わり水槽の前から立ち去ろうとしたら、膨れている子を発見してしまいましたcoldsweats02

20090117_01
ケースに入っているうえに慌てて撮ったので、全然ピントが合ってなくてボケボケなんですが、まだ膨れている段階の写真です。

20090117_02
これが一番膨れている状態です。

20090117_03
何秒か膨れたままだったので、元に戻れなかったらどうしようと思っていたら徐々に萎みだし

20090117_04
この状態まで萎んだ後に、体をヒクッヒクッとさせながら口をパクパクして体内に入り込んだ空気を出し切るかのようにして

20090117_05
完全に元に戻ることができました。

ヒヤヒヤドキドキしながら写真を撮っていたんですけど、無事に生きて元に戻れてよかったですcoldsweats01
小さいうちに膨れてしまうと、元に戻れずに死んでしまうってことがあるんです。
萎んできたから大丈夫かな?って思っていたら、萎みきった後に横たわって全然動かなくって、そのまま死んでいたって光景を何度か見ているので、稚魚が膨れた時はヒヤヒヤするんですよ。
でも、何ともなくて本当によかったhappy01

2009年1月16日 (金)

あれ?治ってる

昨日お腹が変だったアベニーなんですが、今朝見たら昨日のアレは何だったの?って感じになっていました。
一匹も☆になっている子がいなかったので、じゃあ何処にいるんだろうと探してみると・・・

20090116_01
こんな目の前におりましたcoldsweats01

20090116_02
ほらほら

20090116_03
きれいなお腹になっているでしょ。

20090116_04
どっから見ても

20090116_05
どこも何ともないでしょ。

20090116_06
何とも無くてよかったね。

実に人騒がせな子だったんですが、でもあのお腹の状態って何だったんでしょうね?

2009年1月15日 (木)

お腹が変だよ

ひ孫4期生のアベニーなんですが、そんなお腹で大丈夫なのか?って心配になっちゃう子を見つけてしまいました。

20090115_01
この子なんですが、たぶん水槽立ち上げ当初からいる2番目に体が大きい子だと思うんですよ。

20090115_02
最初に見た時は、お腹が黒い感じに見えたんで何なんだろうって思ったんですけど

20090115_03
後ろの方で泳いでいる姿を見ると・・・

20090115_04
どうしちゃったのそのお腹って感じになっているんですcoldsweats02

20090115_05
もうお腹の皮も厚くなってきて、下に写っている子みたいに食べた物が透けちゃうってことも無いし、食べた物が透けていたにしては赤黒い色をしているんですよ。
内臓丸見えって感じで・・・

こんなお腹をしていてもブラインはバクバク食べているし、弱った感じも無くスイスイと泳ぎまわっているのですが、とっても元気だったのに翌日には☆になってたってことがよくあるので、明日がとっても怖いです・・・

2009年1月14日 (水)

どこから集まってくるんだ~

うちの底物水槽には150匹のコリドラスとクラウンローチとテトラオーロ(ほとんど出番がない)が1匹づついるのですが、普段はそんなにいっぱいいるようには感じないのですけど、餌の時間になると・・・

20090114_01
どこから湧いてくるんだかコリ集りができてしまいます。

20090114_02
コリが集まっている原因はコレなんですけど


いつも沈着冷静なステルバイが、慌ててすっ飛んで来るのには笑ってしまいました。


餌も食べずに必死に土管を死守し、誇らしげにしているクラウンローチって・・・

20090114_03
久しぶりの赤虫だったんですけど、フレークやタブレットの時にはここまで凄くないのですが、赤虫や生ブラインだと凄い勢いでコリ集りができちゃいますねcoldsweats01

2009年1月13日 (火)

寝心地いい?

うちのアベニー達って、ラムズ君との絡みがけっこう多いと思うんですよ。

20090113_01
たとえば動いているラムズ君の上に乗っていたり

20090113_02
こんなふうに横たわったラムズ君の上で寝てたり

だけど・・・

20090113_03
なにもラムズの殻に顔を埋めて寝なくてもいいと思うんだけどなぁ~

20090113_04
ご馳走を食べている夢でも見ているのかな?

ってか、魚って夢をみるのか?

2009年1月12日 (月)

見ちゃイヤ~ン

そろそろ食事が終わった頃かな?とアベニー稚魚水槽を見てみると

20090112_01
中央に鎮座しているスポンジフルターでくつろいでいる子を発見!

20090112_02
自分が撮られているのに気付き、ちょっと逃げモード

20090112_03
このまま隠れちゃうのかと思いきや

20090112_04
カメラが気になるのか?それともこの場所から離れたくないのか、このままの状態でずっとこちらを見てたんですよhappy01

何でこんなに可愛いかなぁ~

2009年1月11日 (日)

死魚色の稚魚

ひ孫4期生のアベニー稚魚の中に孵化した時に赤い色が薄い稚魚がいたんですけど、見るからに生き残れそうも無い稚魚だったんですが、それでも餌が食べられるかなってくらいに成長したんですけど、体の色が死んでふやけちゃったみたいに白くなっているんです。

20090111_01
この子なんですが、いつからか白っぽくなってきてしまい、やっぱりダメだったかと死んでいるものだと思ったんです。

20090111_02
そのままにしていると水カビが発生しちゃうので、処分しようとスポイトで吸い取ったら・・・
スポイトの中で、吸われてなるものかーって足掻いていたんですcoldsweats02

20090111_03
慌てて戻したら、一目散に逃げていったんですよ。

20090111_04
こんな姿でも生きていたのにはビックリしたんですが、更にビックリなのはその後もこの姿のまま生きているんですよ。

20090111_05
水カビに纏われているのかなぁって思ったんですが、そんな感じでもないのに透明な部分が白いんです。

20090111_06
ちょっと離れて見て見ると、こんなに白いんですよ。

膜にでも覆われているのかな?とも思ったんですが、口の開け閉めがハッキリわかるので、膜に覆われている訳でもないみたいなんです。
なんでこんなに白くなっているのかはわからないのですが、ヨークサックも無くなってきてしまったので水槽内のケースの方に移したのですが、その後どうなったのか・・・

この子を水槽内のケースに入れてからは、ケース内で☆になっている子がいないので、たぶん今でも生き続けているんではないかと思うのですが、ケース内には薄茶色の子達がいっぱいいるので、どの子なのかわからなくなっちゃったんですよcoldsweats01

2009年1月10日 (土)

早くデビューさせないとね

底物水槽内で孵化していた5匹のコリパンダ稚魚達なんですが、あと1週間ちょっとで3ヶ月になるんですけど、デビューさせなきゃなぁと思ってるんですが、いまだにケースの中にいるんですよ。

20090110_01
こんなに大きくなってるんですけどねcoldsweats01

20090110_02
このケースに入れたばかりの頃は、おこちゃまって感じだったのですが

20090110_03
いまではすっかりオトナの体付きになりました。

20090110_04
クラウンローチと150匹のコリドラスがいる水槽に入れないとならないので、念には念を入れて大きくなるまで隔離して育てていたんですけど


これって半月以上前に撮った映像なんですが、運動量が多いし今ではもっと大きくなっているので、思うように泳げない状態になっているんです。
ラムズ君が邪魔っていうのもあるんですがcoldsweats01

20090110_05
もう水槽にいる体の小さい子達と同じくらいになってきているし、そろそろ思いっきり泳がせてあげないと可哀想なので、明日か明後日あたりにでもデビューさせようかと思っています。

20090110_06
デビューしちゃったら見つけるのが困難になると思うので、これがこの子達の最後の写真になるかもしれないと思って載せてみました。
どこかでチャッカリと写ってるかもしれませんけどねcoldsweats01

この子達も育てあげちゃったので、コリドラスの繁殖は当分の間お休みって感じです。
いま居る数の半分くらいに減ってしまったら、また再開するとは思うんですが、どれくらい先になるかはわかりませんね。
当分は今いる子達のお世話をしつつ、アベニーの子育てに専念するってことになりそうです。

2009年1月 9日 (金)

正常な稚魚と奇形の稚魚

ひ孫4期生のアベニー稚魚なんですが、今回も奇形の子がけっこういたんですけど、その中でもちょっとかわいそうな子達を紹介してみようかと思います。

20090109_01
まずこちらは正常な稚魚です。

20090109_02
こちらも正常な稚魚です。

20090109_03
しかしこの子は・・・
目も口もハッキリしてて正常な稚魚っぽく見えるのですが、いつまで経ってもお腹がバルーン状態のままだったんです。

20090109_04
そしてこちらは正常な稚魚

20090109_05
この子達も

20090109_06
この子も正常な稚魚です。

20090109_07
しかしこの2匹は・・・

20090109_08
まず左側に写っている子からなんですが、横から見ると目がハッキリとしてますよね。

20090109_09
だけど体はボコボコしていて、とても正常とは言えない体をしていたんです。

20090109_10
こちらは右側に写っている子なんですが、この子も目があるのはわかりますよね。

20090109_11
横から見るとこんな感じになっているんです。
全体的にのっぺりしてて、出っ張っている部分が無かったんです。

どの子も孵化直後の写真では無く、写真に写っている正常な稚魚と同じくらいになっていないとおかしいハズなんですが、正常な稚魚達が餌を食べるべくこのケースを卒業した後も、下の2匹の稚魚達はこの姿のまま生きているんだか死んでいるんだか分からない状態で、目と口がハッキリしている稚魚は、これ以上成長せず餌を食べることができずに体力の限界がきて☆になっていきました。

今まで見てきた奇形の稚魚って、あきらかに稚魚の形をしていないものが多く、このように顔の輪郭がちゃんとわかる奇形って滅多に見ることがなかったので、長くは生きられないのはわかっていても死んだときはショックだったし、何よりこの子達がとっても不憫でならなくて・・・
正常な姿で生まれてこれればよかったんですけどね。

2009年1月 7日 (水)

ウ○コの舞

ひ孫4期生のアベニー達なんですが、このところ数珠繋ぎウ○コが落ちているの見かけるようになったので、そろそろアレが見れるかな?って思い、水槽内を見渡してみると・・・

20090107_01
こんな所に隠れてましたよ。

20090107_02
期待できそうな長いウ○コをつけた子がねhappy01

20090107_03
上の方を見ながらゆっくりと上昇したかと思うと、次に華麗な舞を披露してくれたのです。

20090107_04

20090107_05

20090107_06

20090107_07

20090107_08

20090107_09

20090107_10

20090107_11

20090107_12

20090107_13

20090107_14

20090107_15

20090107_16

20090107_17
どうでした?華麗に舞っていたでしょ。
ウ○コが・・・

特別長いって訳ではなく、以前もっと長いウ○コをつけていた子もいたんですけど、これが見れるのって本当に小さいうちだけだから、これを見るのも私の楽しみの一つだったりするんですよねぇ。

2009年1月 6日 (火)

孵化の途中

まだ卵があった時に撮ったものなのですが、以前にもアベニーの孵化途中の卵の写真を載せたことがあるんですけど、その時は小さすぎてよくわからなかったと思うので、今回は少し大きく撮れた写真をお見せしようかと思います。

20090106_01
カップの中の様子を見ていたら変な形の卵があったので、カメラで確認したところ孵化の途中でした。

20090106_02
もっとハッキリと写したかったのでケースの方に移したのですが、孵化の途中だし移し替えた時に出ちゃうかなって思っていたんですけど、何とか出ずに移し替えることができました。

20090106_03
移し替えた時に仰向けになっちゃったんですが、これ以上触らない方がいいかなって思いそのままで様子を見ることにしたんです。

動画にも撮ってみたのですが、何の変化も見られない感じがするし、映像がすごく小さくなっちゃってるのでわかりづらいのですが、ほんの少し卵から出ているところを撮ったものです。


ずっと見ていると目の錯覚?って感じで本当に卵から出ているのかなって思うのですが、最初の映像と最後の映像とでは窪んでいる位置が若干違うんですよ。

20090106_04
あともうちょっとってところなんですが、ここから完全に出るまでが長くてねぇ〜

20090106_05
かなり長いことカメラ構えて待っていたのですが、またもや目を離した隙に出ちゃってましたcoldsweats01
孵化の瞬間って何回か見た事はあるのですが、写真や映像に収めようとするのは難しくて、時間と根気がかなり必要みたいですね。

この子の場合は頭から出てきていたのですが

20090106_06
このように尾の方から出てくる子なんかもいて、これって苦しくないのかなぁって思っちゃいますよねcoldsweats01

今回も決定的瞬間の撮影には失敗してしまったのですが、何回かチャレンジしてればいつの日か撮れるんではないかと思うんですけどね・・・

2009年1月 5日 (月)

数えたら凄かった・・・

ひ孫4期生のチビチビアベニー達なんですが、大きいケースの子達は日を追うごとに大きくなってきているし、小さいケースの方が定員オーバーになってきてしまったので、2日に大きいケースにいる子達を水槽の方に移し、小さいケースにいる子達を大きいケースの方に移しました。

20090105_01
今まで前面に設置していた大きいケースなんですが、水槽内にいる子の世話をしやすくする為に後ろに設置しました。
ちょっと見づらくなるんですが、後ろの方が稚魚がケースから落ちちゃった時にも拾うのが楽なんですcoldsweats01

20090105_02
ケースの中はこんな感じです。

20090105_03

20090105_04
ちょっと早いかなと思いつつも大きくなった子から順次出してはいるのですが、やはり餌を沢山食べている子は大きくなるのも早いですね。

20090105_05
こちらは水槽内にいる子達です。
心なしか広い所に出られて活き活きしているような・・・

20090105_06

20090105_07

20090105_08

20090105_09

20090105_10

20090105_11

20090105_12

20090105_13

20090105_14

20090105_15
ケースの中が気になる子なんかもいて

20090105_16
下にも常に何匹かいるんですよ

20090105_17
写真の左側にケースの隙間から尾が出ちゃっている稚魚が写っているんですが、広い場所に出してあげてもすぐに隙間に挟まっちゃうんです。
自分から隙間に入り込んでる感じもするので、本人としては隠れているつもりなのかもしれないのですが、これでは頭隠して尻隠さず状態でして、ケースの外にいる子が餌と間違えて齧っちゃうかもしれないんですよねぇ~
危険を察知すると自力で脱出しているみたいなんですが・・・

20090105_18
まだ水槽に移すには小さいかなって子もいて、餌が散らばっちゃうのでちゃんと食べれるか心配だったのですが、けっこう食べれているようなので安心しましたhappy01

20090105_19
この子のお腹なんて・・・

20090105_20
食べすぎだよ~

稚魚達の様子はこんな感じで、まだ小さいから沢山いるようには見えないのですが、今日の時点でケースの中にいる子も含めてこの水槽内にいる子の数は88匹なんです。
現在は卵は全部孵化してしまったので無いのですが、親水槽のケースにまだ6匹ほどいるのです。
今の状態にしてから日に2~3匹くらいケース内の小さい子が☆になっているのですが、それももう少しすれば落ち着くとは思うんですよねぇ。
これ以上増えても困るので卵の回収はしていないのですが、卵を回収していない代わりに餌が食べられるくらいに成長した稚魚なんかが回収できちゃったりするんですよcoldsweats02
たぶんまだまだ☆になる子が出ると思うので、これ以上増える事は無いと思うのですが、久々に沢山のアベニー稚魚を育てる事になるので、まご1期生の時みたいに全滅させないように気を付けて育てなくっちゃね。

2009年1月 4日 (日)

やっぱり産んでた

ひ孫1期生の2匹のアベニー達なんですが、2匹ともメスなんですけど、以前に体格の良い子の方が卵を持っているって書いたのですが、その後産んでいる様子も無く卵を持ったままで大丈夫なのかなぁって心配していたんですけど、今朝というかちょうど日付が替わった頃に水替えをしようとゴミ取りをしていたら、卵らしき物が転がっていたのでスポイトで吸い取って確認したところやっぱり卵でした。

20090104_01
これが見つけた卵なんですが、メスしかいないのでもちろん無精卵です。
無精卵なので、すでに白くなり始めていました。

20090104_02
産んだのは、間違いなくこの子でしょう。

20090104_03
もう1匹の子は、この縦泳ぎだった子なんですが

20090104_04
この子のお腹は、どう見ても卵を持っていそうに無いでしょ。

20090104_05
ご飯食べても、これくらいしか膨らまないんですよ。

20090104_06
それに比べて卵を産んでいたであろうこの子のお腹って・・・
まだ餌を食べる前の状態なんですけどね。

20090104_07
そんなに食べても大丈夫?ってくらい良く食べるんですよ。
ちょっと臆病なので水槽の奥にいることが多く、餌を与えている時ですらもう1匹の子と一緒でないと水槽の全面に出てくることは滅多になかったのですが、食欲が旺盛になり始めた頃から1匹だけでも前面に出てくることが多くなり、人の姿を見ると一瞬引くんですが気付くと前面で餌待ちしてたりするんです。
そんな食欲旺盛な彼女が、もう1匹の子が餌を食べているのにフィルターの後ろに隠れたまま出てこなくて餌を食べない時が度々あるんですけど、でもお腹はプクプクで餌を食べていないようには見えないので、自分が産んだ卵を自分で食べているのかもしれませんね。

20090104_08
でね、この子達は先月の30日で1年7ヶ月が経ったのですが、以前は常に行動を共にするとっても仲の良い2匹だったんですけど、最近は別行動をとることが多く、しかもこの卵を産んでいる子の方がもう1匹の子を邪魔者扱いする姿を時々見かけるんです。
威嚇程度で突いている訳ではないので大丈夫だと思うのですが、あんなに仲が良かったのに卵を産むようになると変っちゃうんですかね。
でもね、邪魔者扱いする時はあっても、ちょっとビックリしたり何かあったりすると、すっ飛んでもう1匹の子の傍に行って、まるでお姉ちゃんの後ろに隠れる妹って感じなんです。
この子の方が体が大きいのに、本当に後ろに隠れるんですよcoldsweats01

今後この2匹の関係がどうなっていくのかはわかりませんが、できればいつまでも仲の良い2匹でいて欲しいものですね。

2009年1月 1日 (木)

2009年だね!

20090101_01
あけまして

20090101_02
おめでとう

20090101_03
ございま~す。

こんな拙いブログですが、昨年中も沢山の方に見ていただきありがとうございました。
コメントを下さっている方の所へは、仕事中に携帯からとか見てはいたのですが、自分の所もままならない状態でしたので、コメントを残す事ができずに申し訳ありませんでした。
忙しい時期も脱し少々時間にゆとりもできるかと思うので、これからはゆっくりと伺えるかと・・・

昨年と言えば、リンク元ページサイトを見ていたら、2ちゃんねるからアクセスしていくる方とかいて、私的には2ちゃんねるって遊ばれちゃうってイメージがあるので、何の話題でリンクを貼られてしまったのか恐る恐る覘きに行ったって事がありましたcoldsweats01
リンクを貼られていたのは、もう亡くなってしまったでぶジュリーの記事だったんですが、コリドラスの病気についての書き込みで、凄いデブなジュリーを見たって感じだったのですが、どこで話のネタになってしまうか分からないものですねcoldsweats01
とまぁ、ジュリーを腹水で死なせてしまったお馬鹿な飼い主としては、恥ずかしい出来事があった訳なんですよ。
今年はそんな事が無いように気をつけなければ・・・

そんな私は元旦の仕事も終えて、これから1日半しかない正月休みを満喫しようかと思っているのですが、寝不足続きでモーレツに眠いので、きっと今年も寝正月なんだろうなぁ・・・
更新の方もボチボチとやっていくつもりなので、これからもお付き合い願えればと思っております。

20090101_04
今年もよろしくねhappy01

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

リンク