« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の12件の記事

2009年2月26日 (木)

ウ○コにウ○コが・・・

ひ孫4期生のアベニーなんですが、今朝水槽を眺めていると久しぶりに数珠繋ぎウ○コをしているコを見つけたんですけど、こんなに大きくなっているのに珍しい~って思って見ていたら、そのウ○コにおまけがついていました・・・

20090226_01
これなんですけどね、ラムズ君のウ○コっていうおまけ付きだったんです。

20090226_02
大きい子が急に近くに来たんで、ビックリして凄い勢いで逃げたんですけど

20090226_03
このラムズ君のウ○コがしぶとくて、逃げた拍子に落ちるかと思っていたのにくっ付いたままだったんですよcoldsweats02

20090226_04
しかし、どうしたらこんなふうにくっ付いちゃうんでしょうねぇ?

20090226_05
けっこうウ○コを靡かせながら、あっちこっちと動き回っているのにもかかわらず、一向に落ちる気配の無いアベニー&ラムズのウ○コ・・・

20090226_06
ラムズ君のウ○コが落ちるのが先か、それともアベニーちゃんのウ○コごと落ちてしまうのかって、とってもくだらない事を考えながら見入っていたんですけど

20090226_07
かなり長いこと私の目の前でウロウロしていたのですが

20090226_08
アベニーちゃんってば、ウ○コを振り子のように左右に揺らしながら優雅に立ち去っていきました。

朝っぱらから何を撮っているんだかって感じですが、思わず目が釘付けになっちゃったもんでついつい撮っちゃいましたよcoldsweats01

2009年2月24日 (火)

ステルバイ&ジュリーを迎えて3年

うちの底物水槽って圧倒的な数の多さからコリドラスパンダの水槽って感じになっていますが、パンダの他にもコリドラスはいるんですけど、写真を撮ろうにもパンダに邪魔をされたり本人達が奥の方にいたりして、なかなか撮れなくて出番が少なくなってしまうんですけど、ステルバイとジュリーが今月で3年を迎えたので写真を撮ってみました。

お迎えした当時の写真は→こちらから見れます。

20090224_01
ステルバイは2匹いるんですけど、3年を迎えたのはこの子なんです。
2匹でいることが多かったりしてどちらの子なんだかわからなかったり、写真を撮っても私自身がハッキリとこの子だってわかる物が少なく、ちゃんと確認してから撮ったのがこの写真だけなんです。
2匹でいるときは若干この子の方が体が小さいので何とかわかるのですが、1匹だけの時はパッと見ただけでは判断がつかず、右の腹鰭が齧られたかのように丸く抉れているので、写真に写っているような向きをしている時や、泳いでいる時に腹鰭を見て判断しているんですよ。

20090224_02
そしてこちらがステルバイと一緒にうちに来たジュリーです。
ジュリーとして売られていたのでジュリーと思うようにしているのですが・・・
この子よりずっと後にスポット模様のジュリーを2匹迎えたんですが、病気にさせてしまい2匹とも☆になってしまったんですけど、この子はとっても丈夫ですね。
ステルバイみたいに体が大きくないので、コリパンダに混じるとわからなくなるほど地味な存在なのですが、マイペースで飄々としているところが気に入っています。

20090224_03
滅多に前面に出てくることはなく、たまに出てきたって思ってカメラを構えると逃げちゃうことが多いので、このような写真が撮れるのは極稀なんですよcoldsweats01

20090224_04
運よく1枚撮れても直ぐに逃げちゃうので、これなんかは隠れて物と物の隙間から撮ったんですよ。

スタルバイは一度病気にかかりましたが、ジュリーは病気にもかからずにうちの悪環境の水槽内でよく頑張ってくれているなぁと思います。
馬鹿な私が後先考えずに繁殖させ今の窮屈な状態にしてしまい、またその環境を変えてあげることができず、コリ達には本当に申し訳ないと思っているので、この2匹を含め他の子達にも長生きできるよう、病気になどさせないように水槽管理は怠らないようにしなければなりませんね。
忙しいからって管理を怠ると、その時は大丈夫でも必ず後でしっぺ返しを食らっちゃいますからねcoldsweats01

2009年2月22日 (日)

ドライプランツ気に入ったみたいだね

ひ孫4期生のアベニー達の水槽にドライプランツを入れてからそろそろ4日経つのですが、念には念を入れてプランツを4日間も水に浸して置いたので、プランツがヘチョッとなっちゃうくらい豪快に水替えをしたり、プランツに付着したアベニーのウ○コをスポイトでペシペシ叩き落としたりしているのにもかかわらず、プランツを水槽内に入れてからまだ一度も水面に葉クズが漂うってことも無いし、底も目立つような葉クズが落ちているようなことは殆ど無く、ウ○コ掃除をする時にスポイトで一緒に吸い取れるくらいの細かいクズが稀に落ちているくらいなんですよ。

20090222_01 20090222_02
20090222_03 20090222_04
ほらほら、全然浮いてないし葉クズが溜まってないでしょ。

底もね

20090222_05

20090222_06

20090222_07

20090222_08
上4枚は掃除する前に撮った写真なんですけど、アベニーとラムズ君達のウ○コは沢山落ちているのですが、ドライプランツの葉クズっていったら黄色い丸で囲ったくらいしか落ちてないんですよ。
これくらい小さい物だったら、殆ど気にはなりませんよね。
2日か3日くらいで大丈夫だと思うんだけど、4日浸けておいて正解だったかもhappy01

とまあ、ドライプランツのクズの事はこれくらいにしておいて、プランツを入れてから数日経ったチビアベニー達の様子はと申しますと・・・

20090222_09
マヌケ面している子や

20090222_10
ちょっと偉そうにしている子や

20090222_11
たれちゃってる子とか

20090222_12
この子や

20090222_13
この子みたいにスッポリと潜っちゃっている子もいるし

20090222_14
アクビしている子なんかもいたりして・・・
どうせなら正面向いてしてくれるとよかったのにね。

20090222_15
体色の薄い子もちゃっかり写ってるし

20090222_16
この子は寝ているのか、それともラムズ君を凝視しているのかって感じの子がいて、このまましばらく動かなかったんですよ。
動き出してもラムズ君を襲ってはいなかったので、寝ていたらラムズ君が目の前に来ちゃったって感じだったのかな。

フサフサで柔らかい感触が気に入ってしまったのか、相変わらずプランツに群がっていて、スポンジフィルターの上はガラ空き状態のままです。
今まではフィルターの上で餌を食べ、そのままそこでマッタリするって感じだったのですが、プランツを入れてからは餌はフィルターの上で食べ、食後はプランツでマッタリするって感じになっちゃいましたねcoldsweats01

2009年2月19日 (木)

ドライプランツ入れてみました

ひ孫4期生のアベニー達の水槽に入れてあった竹炭って、節有りの竹炭の節の部分が欲しくて切り取った物だったのですが、実は竹炭の水草を植えるポットが欲しかったんです。
同じメーカーから出ている物で竹炭ポットって言うのがあるんですけど、それって竹の節の部分を切っただけの物なので、家に節有りの竹炭が眠っていたのを思い出した私は、自分でポットを作ったわけなんです。
作ったって言っても、ただ切って底に穴を開けただけなんですけどねcoldsweats01

20090219_01
そして、その竹炭ポットにドライプランツを植えてみました。
このドライプランツを入れようかと思ったのには訳がありまして、水槽中央に鎮座しているスポンジフィルターってアベニー達に大人気なんですけど、スポンジの上に沢山乗れるように大きいフィルターを使っているのですが、アベニー達も体が大きくなってきたので以前より乗れる数が少なくなってしまったんです。
それで最近は場所取りで少々小競り合いが見られるようになってきてしまったので、スポンジフィルターの上だけじゃなくて分散できる場所を作らなくてはって思っていたところ、これまた随分と前に買っておいたドライプランツがあったのを思い出し、これなら中に隠れることもできるし、葉?の上で寝ることも出きるのでいいかもってことで入れる事になったんです。

20090219_02
使用したのはGEXから出ているドライプランツです。
ライトグリーン・オレンジ・ブルー・ダークグリーン・レッドの5色あるのですが、今回はオレンジとレッドを使ってみました。
以前に全色を組み合わせて使ってみたことがあるのですが、この2色がうちのアベニーには好評だったんですよ。

20090219_03
袋から出すとこんな感じになっているので、水で洗ってそのまま植えてもいいのですが、けっこう色落ちするしクズが出て水面がクズだらけになるんです。

20090219_04
なので、私はすぐには使わないんですけど、この写真に写っている辺りから色やらクズがけっこうでるので、まずはバラしてから水で洗うんですよ。

20090219_05
水でよく洗った後に更に水に浸けるんです。

20090219_06
水に浸すと乾燥していたシダもやわやわフサフサになるんですよ。

20090219_07
よーく洗ったんですけど、まだ大きいクズがでるんですよねぇ~

20090219_08
で、1日経つと水がこんな色合いになってくるんです。

20090219_09
洗っても1日でこれだけ色落ちするんですよ。

20090219_10
下にクズもけっこう落ちてたりして・・・
水を換えて更に1日~2日置いてから水槽内に入れるようにしているんです。
そうすると水槽内の水に色がつくって事がなくなるし、クズも極小さい物が底に落ちるってのは仕方が無いとして、水面にクズがプカプカ浮いてたり溜まっちゃったりって言うのは無くなるんですよ。

20090219_11
水の中に入れたドライプランツをアップにするとこんな感じです。

20090219_12
先にオレンジの方から入れたんですが、入れている途中からワラワラと集まって、ポットと置いた時には写真のような状態に・・・
竹炭シェルターを入れた時より反応がいいですcoldsweats01

20090219_13
これも初めて見る物なので、どんな反応をするのか楽しみだったんですが

20090219_14
何だこれ?って感じで、じぃ~っと見つめる子が多かったですhappy01

20090219_15
ちょっと間を置いてからレッドの方も入れてみました。

20090219_16
こちらの方にも入れたと同時にワラワラと集まってきたんですが、こっちのプランツには中にもぐりこむ子なんかもいたりして・・・

20090219_17
あと、プランツを啄ばんでいる子なんかもいたんですよcoldsweats02
一応は食べられるプランツらしいので別に食べてもいいんですが、水槽内に入れて何日か経ったプランツを啄ばんでいるって所は見たことあるのですが、それって私には見えないけどアベニーには見える何かを食べていたんだと思っていたんですが、入れて間もないプランツをラムズの稚貝を見つけた時のような目をして見つめた挙句にパクッとしたのにはビックリしました。

20090219_18
そして、少し前まで満員御礼だったスポンジフィルターの上は、写真のようにガラ空き状態になってしまいましたcoldsweats01
みんな新し物好きで困ったもんです。
しばらくしたら、この上に戻ってくる子もいると思うんですけどね。
それと、写真にもチラホラと写っているラムズ君なんですが、稚貝だと食べられちゃうので小さ目のラムズ君を20匹ほど月曜日から入れているのですが、昨日までで既に4匹ほど食べられちゃいましたsad
餌をタンマリ与えているのにラムズ君にまで手を出すなんて・・・
もう少し大きいラムズ君じゃないとダメなのかなぁ。

2009年2月18日 (水)

体色の薄い子

もうだいぶ前から気になっていたのですが、ひ孫4期生のアベニー達の中に体色がとても薄い子がいるんですけど、背中の模様がハッキリと出ていなくて薄く見えるって言うのではなく、白っぽいっていうかちょっと透けてるって言うか言葉では表現しづらい体色の子がいるんです。

20090218_01
真ん中に写っている子なんですけど、普段は白っぽいんですが

20090218_02
ブラインを食べた後だと体がピンク色に見えるんですよ。

20090218_03
下が黒っぽい場所にいると、離れた場所から見てみても凄く目立つんです。

20090218_04
まだ小さいから色が薄いのでは?って思うかもしれませんが、上の方の写真を見てもらってもわかるように特別小さい子って訳ではなく、この写真でも隣に写っている子よりは少し大きいんです。

20090218_05
今まで育てた子だとこのくらいの大きさになっていれば、たとえ体の模様が薄くなっていただけだとしても、透けて見えるくらい薄くなるってことはなかったんですが

20090218_06
模様はあるみたいなんですけど、この模様もあまり濃くはならないみたいなんです。

20090218_07
こんな体色をしているものだから、シリコン部分の近くにいると同化しちゃって、時々は存在に気付かないなんてこともあったりしてcoldsweats01

20090218_08
黒っぽい場所に長いこといると、一時的に体色も濃くなってきたりするのですが

20090218_09
かなり長いこと竹炭の上やフィルターの上にいたんですけど、他の子は普段より体色が黒っぽくなっているのにもかかわらず、この子は全然濃くなった感じがしないんですよねぇ~

20090218_10
これは別の日に撮った写真なんですが、どれくらい体が透けているのかと申しますと・・・

20090218_11
体内にあるウ○コまで見えるくらい透けているんですよ。
先っぽの濃い赤の部分が外に排泄してあって、薄い部分は体内にあるものなんですよcoldsweats01

こんな体色の子を見ていると以前記事にしたことのある、体色がふやけて白っぽい感じの稚魚を思いだすんですよねぇ。
この子がそうなのかはわからないんですけどね。
体色が皆と少し違っているからといってもイジメられている様子はなく、餌もちゃんと食べて大きくなっているので、今の所は何の問題も無いみたいです。
後はこの子がどのように化けるかですね。
大きくなったら普通の色をしたアベニーになっていたりして・・・

2009年2月16日 (月)

竹炭入れてみました

ひ孫4期生のアベニー達用って訳ではなくて、他の水槽に入れる前に一時的に入れただけなんですけどねcoldsweats01

20090215_01
入れたら面白い事をしてくれるかなぁ〜って思い、数時間だけ入れておくことにしたんですよ。

20090215_02
入れた竹炭はこちらの物で、ものすごーく以前に購入していたものなんですが、私ってこのパッケージだけ見て買ったものですから、形状がどうなっているかがわからなかったんです。
値段がそれほど安いものではなかったので、竹の節の部分を除いてある物だとばかり思っていたんですよ。
8個も買ったのに半分が節がある物で、その節も端の方にある物だったらまだ良いのですが、ど真ん中にあるのって・・・って思うのもあって、切らないと使えないなぁってお蔵入りしていた物を今回思うところがあって引っ張り出してきた訳なんです。

20090215_03
入れてすぐには反応を示してくれなかったのですが

20090215_04
しばらくすると・・・
私としては中に入ってくれる子が沢山いるかと思ったのに・・・

20090215_05
そのうちに段々と興味をもってくれる子も出てきて

20090215_06
中にも何匹か入るようになっていましたhappy01

20090215_07
やっぱり不安定な場所でくつろいでいる子なんかもいるし

20090215_08
ちょこんと上に乗っかってくつろいでいる子なんかもいてね。
それと、あれ?なんかこの子って、他の子とちょっと色が違うような気が・・・って思いませんか?

20090215_09
なんか色が薄い子がいるんですよ。
もうだいぶ前から気になっているんですけど、これでも色が濃くなっている方なんですよ。
まっ、この子の事はまた今度ってことでねhappy01

水槽内に入れたい物があって竹炭を出してきたんですが、たいした物ではないのですが準備に少々時間をかけているので、入れたらまたそのことも報告しますね。

2009年2月13日 (金)

まだ食べちゃダメだよ

ひ孫4期生のアベニー水槽に残飯処理係としてラムズ君を入ようかと思い、どうせ入れるんだったら大きいラムズ君を入れるより稚貝を入れてラムズ君を増やそうかと思ったんですけど、生まれて初めて見るラムズの稚貝なのに食べちゃった子がいるんです。

20090213_01
ちびちびラムズ君を食べてしまったのはこの子なんですけど、餌を食べ終わった後だから食べる子なんていないだろうって思ってたんですけどねcoldsweats01


けっこう体が大きい部類に入る子なんで、稚貝が食べれてもおかしくはないのですが、入れてからものの1分も経たないうちに食べ出すとは思いもしませんでしたね。

20090213_02
他の子達は、まだラムズ君がご馳走だって気付いていないみたいで、食べるものを探している子なんかでも稚貝を避けて移動しているんですよ。

20090213_03
中には興味を持つ子なんかもいたんですが、なんだこれ?って見るだけだったんですよねぇ~

20090213_04
殆どの子は、お腹いっぱいでマッタリしている頃だったので、眼中に無いって言うか稚貝の存在に気付いてないって感じでしたね。

20090213_05
私が見ている間だけでもかなり食べていたんですが、沢山入れたハズの稚貝が私が仕事から帰ってきてたら一匹も残っていなかったんですよcoldsweats02
食べた後の殻は残ってましたけど・・・
この子が全部食べたのでは無いと思うのですが、時間が経って散らばっていったラムズ君を他の子達も食べちゃったんでしょうね。
それにしても恐るべしチビチビアベニー軍団・・・
ほんの数時間で、300匹近く入れたラムズ稚貝を食い尽くすとは・・・

2009年2月11日 (水)

上から見たアベニー稚魚

孵化後の日数がわからなくなってしまったアベニー稚魚に、いつから餌を与え始めたらいいんだろうって思った時に稚魚の様子を横から確認できればいいのですが、上からしか見れないって場合もあるかと思うので、うちのアベニーの日数ごとの状態の変化がわかる写真を載せてみました。

私の場合は、上から見た時には微妙な体色の変化って言うのもあるのですが、それよりも胸鰭の成長具合を見て餌を与え始めるかどうかを判断しているのですよ。

写真はクリックすると少し大きいものが見れるので、胸鰭をよく見てみて下さいね。

101
102
これは1日目の稚魚です。

2
これは2日目の稚魚です。

3
これは3日目の稚魚です。

401
これは4日目の稚魚です。

402
4日目の稚魚を横から見るとこんな状態です。

501
これは5日目の稚魚です。

502
5日の稚魚を横から見るとこんな状態です。

6
これは6日目の稚魚です。

7
これは7日目の稚魚です。

8
これは8日目の稚魚です。

8日目までの上から見た稚魚の様子を載せてみたんですが、日を追うごとに微妙に変化していく鰭の様子ってわかりますか?

私は目で見て鰭の状態が5日目か、遅くても6日目の稚魚の写真のようになっていたら即餌を与え始めます。
少し早くから与える分にはいいのですが、遅くなると餌を食べなく(食べれなく?)なってしまう子がでてくる場合もありますから、飼い主が餌を与える時期の感覚が掴めないうちは、まだヨークサックが少し残ってるような感じでも、稚魚が寝そべることが無い状態になってたら、食べなくてもいいって気持ちで早めに与えてみた方がいいと思いますよ。

2009年2月10日 (火)

餌やりの時期

アベニーの稚魚を飼育されている方からのコメントで、稚魚が孵化して何日くらい経っているのかわからなくなってしまい、餌やりの時期に不安をいだいているとのことでしたので、文章だけで説明するよりも写真があった方が少しはわかりやすいかと思い、この場を借りて説明したいと思います。
とは言っても、ここに書くのはうちのアベニーの場合で私なりの判断で行なっていることですので、他の方のところでは飼育環境が違いますし、それによってアベニーの成長の早さも違ってくるかと思いますので、アベニーの繁殖経験者の方から見ると「それ違うだろうー」って思われるかもしれないのですが、これはあくまでうちの場合ってことで見ていだけると助かりますcoldsweats01

私もそうなんですが、同じような状態の卵がまとまって回収できればよいのですが、回収した卵の状態ってまちまちで透明な卵もあれば赤くなっている卵もあり、しかも稚魚なんかが回収できちゃったりって事あって、細かく分けられればよいのですが分けるのにも限度がありますので、一緒に入れているといつごろ孵化して何日くらい経っているのか正確にはわからなくなっちゃうんですよね。
私は何回か育てているので今では大体の予想はつくのですが、それでも最初の頃は写真に収めて写真と見比べて判断していた時もあったんですよ。

写真があまりハッキリと写っていない物もあるのですが、今まで載せた写真の中から何とかわかるものを集めてみました。

Photo
こちらは孵化1日目の稚魚を上から撮ったものです。
寝そべっている状態で殆ど動かずにいるので、死んでいるのでは?と不安になっちゃいますね。

_02
こちらも孵化1日目の稚魚を写したものです。
微かに鰭らしきものが見えるんですが、ルーペを使って見れば見えるんですけど、肉眼ではわからないんじゃないかなぁ。

Photo_2
こちらは孵化2日目の稚魚です。
写真は起き上がっている姿を写してありますが、2日目くらいでは1日目と同様に寝そべって動かない事の方が多く、何かの拍子にこのように起き上がることがあるのですが、この状態を維持するのは難しくてすぐに寝そべってしまいます。

Photo_3
こちらは孵化3日目の稚魚です。
写真の稚魚は寝そべっていますが、1日目や2日目に比べて頻繁に場所移動をするようになります。
少しの間なら起き上がっていられるようになるのですが、微かに水が揺れたりするとその衝撃でコテッと横たわってしまったりします。

Photo_4
こちらは孵化4日目の稚魚です。
写真がボケててちょっとわかりづらいのですが、このくらいになると鰭の部分が肉眼でもよくわかるようになります。

_02_2
4日目の稚魚を横から写した写真です。

_03
4日目の稚魚を正面から撮った写真です。
この写真は4日目と言っても5日目に近い頃に写した物なんですが、ヨークサックが無くなりつつあるので、4日目くらいになると体が安定して水が揺れたからって寝そべるようなことは無くなります。
それと、うちの場合は全部の水槽の飼育水に栄養補給できるバクテリアを入れた水を使っていて、その飼育水を使って稚魚を育てているのですが、そういったものを入れていない場合は、稚魚が餌を食べられるようになるまでの栄養源として、栄養補給できるバクテリアを3日目くらいから水替えの度に少量添加した方がいいかもしれませんね。
入手しやすい物ではPSBあたりかな。

Photo_5
こちらは孵化5日目の写真です。
上から見ると体色が微かに薄茶色っぽくなり、鰭もだいぶ発達してきました。
孵化してちょうど丸4日経ったって頃なんですが、私が餌を与え始めるのが5日目に入った頃なんです。

_02_3
常にそうって訳でもなく、稚魚の状態を見て半日から1日くらい早く与えることもあるのですが

_03_2
写真の子のように、まだ1日くらい食べなくてもお腹がペッタンコになることはないだろうってくらいになったら与え始めるようにしています。

_04
で、食べているってハッキリわかるリアクションをする子が少ないので食べているかわかりづらいのですが、動かずして近くのブラインを吸い込んで食べているみたいなのです。
餌は朝と夜の2回に与えていて早い子では2回目からなんですが、通常は3回目くらいの食事でブラインをパクッと食べている姿を肉眼で確認することができます。
中には凄く遅い子もいて心配になる時もあるんですけど、8日~9日目で食べているのがハッキリと確認できた子もいたので、食べていないように見えても少量のブラインを食べているか、もしくは水中の微生物でも食べていたのではないかと思うのですが、それ以上経っても食べている形跡が見られないとなるとかなり危険な状態でしょう。
かろうじて生きているけど餌を食べる体力が残っていなくて、どんどん痩せてきて最後は餓死してしまった子もいましたから・・・

Photo_6
こちらは孵化6日目の稚魚の写真です。

_02_4
6日目の稚魚を正面から撮った写真です。
鰭もたいぶ発達してきてそろそろ泳げてもいいかな?っていったところなんですが、フワッと浮き上がることはできるのですけど、泳ぐってのにはほど遠くてポテッと落ちちゃったりするんですよ。

Photo_7
こちらは孵化7日目の稚魚の写真です。

_02_5
こちらも7日目の稚魚の写真なんですけど、顔の部分がかなり薄茶色になってきています。

Photo_8
こちらは孵化8日目の稚魚の写真です。
この頃になると横腹のあたりまで薄茶色っぽくなってきます。

Photo_9
こちらは9日目の稚魚の写真です。

_02_6
9日目の稚魚を上から写した写真です。
この頃になると上から肉眼で見ても、黒目がよくわかるようになります。

Photo_10
こちらは10日目の稚魚の写真です。
食事前だし体色がかなり薄い色になっているので痩せているように写っているのですが、実際には写真で見るほど痩せてはいないんですよ。
このくらいの頃が体色のせいで写真が撮りづらくなるんです。
私の腕が悪いせいなのか?輪郭がハッキリと写すのが難しくなってくるんですよ。

_02_7
10日目の稚魚を横から撮った写真です。
上から見ると全体的に薄茶色になっているように見えるのですが、横から見るとまだまだ赤い部分が残っているんです。
赤い色が完全に無くなるのは、2週間くらいかかるみたいですよ。

とまあ、うちでは標準的な成長を遂げていた子の10日目までの写真を載せてみたんですけど、あまりよくわからないかもしれないのですが、私は日が経つごとに無くなってくるヨークサックの状態と胸鰭や体色や目の状態で、大体これくらい経っているんじゃないかなぁって判断しているんですけどね。

でね、今うちでも回収するつもりはなくても、掃除の度に稚魚とか凄く赤くなっている卵を回収できちゃったりするんですよ。
透明な卵や少し色が付いてきたなぁって卵はゴメンナサイして元に戻しちゃったりするのですが、さすがに稚魚や孵化寸前の卵は諦めて回収しちゃうもんですから、今いる稚魚達って孵化してどれくらい経っているかなんて正確にはわからない子ばかりなんです。
数日前から餌を食べている子もいるのですが、昨日や一昨日から餌を与え始めた子なんかもいて、現在は肉眼で上から見た状態で餌やりの時期を判断しているので、その辺のことも書きたかったのですが、少々時間が無くなってしまったので、今晩か明日の朝にでも投稿できればなぁと思っています。

2009年2月 7日 (土)

片目が小さかったのね

ひ孫4期生のアベニーなんですが、両目ともあって機能もしているみたいなんですけど、片方の目が異様に小さい子を見つけてしまったんです。

20090207_01
写真中央に写っている子なんですが

20090207_02
一瞬、片目無いの?って思ったんですが

20090207_03
このとおり目はちゃんとありました。
外見的な目の状態は最初に見つけた子と似たような感じなんですが、最初に見つけた子の片目は殆ど見えていないみたいなんですけど、この子の目はちゃんと見えているみたいなんです。

20090207_04
この小さい目なんですが

20090207_05
小さいながらもキョロキョロとよく動いているんですよ。

20090207_06
物を確認する時も何となく寄り目になっているみたいだし

20090207_07
泳いでいる時もね、片目しか見えない子って体が斜めになって泳いでいることが多かったんですが

20090207_08

20090207_09

20090207_10
こんな感じに体が傾くこと無く、普通の子と同じように優雅な泳ぎを披露してくれているんです。

餌を食べている所と泳いでいる所を動画に撮ってみたので、よかったらご覧になってみて下さい。


ねっ、普通に餌を食べているし普通に泳いでいるでしょ。

20090207_11
この水槽の中にいる子の中では中くらいのサイズに位置する子なんですが、こんなに大きくなるまで気が付かなかったのって、たぶん正常な目を向けている時にしか私は見ていなかったんでしょうし、右目を見なければ普通の子と何ら変らないって事が原因でしょうね。

20090207_12
この子の場合、何の問題もなく餌が食べられているし、ここまで大きくなれていて体型もふっくらしているので、このまま皆と一緒でも大丈夫って感じですねhappy01

まだまだこんな子が何処かに隠れていそうで怖い今日この頃なんですが、ちょっと数が多くなってしまったのでなかなか全部の子をチェックするのは難しいんですけど、できる限り皆の状態を把握しようと頑張っているところですcoldsweats01

2009年2月 5日 (木)

もしかして両目なのかなぁ?

ちょっと前に目に障害のあるアベニーの事を書いたのですが、書いた翌日にも目に異常のある子を見つけてしまいました。

20090205_01
この子なんですが、今まで全然気付かなかったんです。
すでに隔離している子より一回りくらい大きい子なんですが、今まで何処に隠れていたんだって感じなんですよ。
この子の存在に気付いたのは、餌を与えていたらクルクル回っていた子がいたので、寝起きでもないのに変だなぁ思ったんです。


左目の方に体を傾かせてクルクル回っていたので、写真と動画に撮って確認したところ、右目に異常があるのがわかったんですけど、こんな変な動きをしていれば気付いてもいいハズなんですが、この時までこんな動きをしている子は見当たらなかったんですsad

20090205_02
しかも、左目の方に体を傾かせていたので左目には問題が無いのかと思っていたのですが、写真を見てみると左目も何か普通じゃないんですよねぇ。
目が落ちくぼんでいるように見えるんですよ。

20090205_03
体が斜めになっているので写真に撮りづらいし、体が小さいうえに体色のせいもあって目の状態が確認できないんですけど、左目もハッキリとは見えていないような感じがするんです。

このままにしておくわけにはいかないのでケースの中に隔離したんですが、もう1匹の子より症状が重く少ししか餌が食べられないみたいなんですよ。
もう少し大きくなってから目の状態を確認しようかと思っているのですが、隔離して10日は経っているのですけど1回に食べられる量が少ないので、大きくなるのにはまだまだ時間がかかりそうですねcoldsweats01

そして今日、また見つけちゃったんです。
それはまた次回ってことで・・・

2009年2月 3日 (火)

変な寝方しないでよ

ひ孫4期生のアベニーなんですが、ついさっき水槽を見ていたらフィルターの台から転がり落ちている子がいました。

20090203_01
写真中央に写っている子なんですが、この姿勢のまま全然動かなかったんですよ。

20090203_02
大きい子が通り過ぎた風圧で体が反対に向いてしまったのですが、それでも全然動かなかったので、もしかして死んでるの?って一瞬思っちゃったくらいです。
どんどん体が傾いてきて下にボトッと落ちちゃったんですが、下に落ちてやっと動き出したんですよ。

20090203_03
フラフラしながら台の上に乗り直したんですけど、元気が無くてボヘーっとしてるので

20090203_04
具合が悪くてあのような姿勢をとっていたのか、それともただ寝ていたのかわからなかったので様子を見ていたんですけど

20090203_05
しばらくするとあっちこっちに動きまわっていたので、ただ単に爆睡していただけだったみたいです。

20090203_06
しかしライトが点いててとっても明るいのに、よく転がるほど爆睡できるもんだと関心しちゃいましたよcoldsweats01

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

リンク