« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の11件の記事

2009年4月30日 (木)

正反対な反応

一昨日の朝に地震があったんですけど、うちの方は震度1の揺れだったらしいのですが、集合住宅の上の階に住んでるものですから「えー震度1だったの?」って思う揺れだったんです。
地震が起こるちょっと前にコリ達を眺めていて、動画でも撮ろうかなぁと思いカメラのシャッターを押して直ぐに揺れたんですよ。



地震の度に思うんですけど、凄い暴れっぷりだし気持ち悪いくらいいっぱいいますよねcoldsweats01

20090430_01
この写真は、揺れがほとんど治まった頃に撮ったので落ち着いた子は下の方にいるんですけど

20090430_02
殆どの子がパニックを起してまして

20090430_03
右へ左へと行ったり来たりを繰り返し

20090430_04
落ち着いたかな?と思いきや

20090430_05
また戻ってきたりなんかして・・・

20090430_06
既に落ち着いている子には、いい迷惑な感じだったんですけど、これだけ数がいると騒ぎが治まるまで時間がかかるんですよねぇ~

コリ達がいる水槽の隣には、ひ孫4期生のアベニー達の水槽があるんですけど、コリ達が騒いでいる頃アベニー達はと申しますと

20090430_07

20090430_08

20090430_09

20090430_10

20090430_11
泳いでいた子なんかも慌てて底の方に降りて、こんなふうに底の方でじっとして動かなかったんですよ。

並べて置いてある水槽で、こんなに反応が違うってのも面白いですねhappy01

2009年4月29日 (水)

そんな格好で何してるの?

底物水槽にいるクラウンローチなんですが、水槽内に入れてある竹炭シェルターの中に入り込んで変なことしていたんです。

20090429_01
何かが見え隠れしていたので何なんだろうと見てみると、クラウンローチが仰向けの姿勢で竹炭シェルターの端から口を時々出していたんです。
変なことしているなぁと思いつつ見ていたら、コリ達が巻上げた餌を口をあけて待ち構えてて、口に入り込んだ餌を食べていたんですよcoldsweats02



カメラで撮っているのがわかっているから引っ込んじゃっているんですが、カメラを向ける前はもう少し口を出していたんですけどね。

20090429_02
シェルターの端に乗っかっちゃった餌なんかは、ヒゲを使って口に運んで食べていたんです。



外の様子をちゃんと確認しないでヒゲ探り状態なものですから、ちょっと勢い余って飛び出しそうになって慌ててたりして・・・

20090429_03
シェルターから出ていたところを写したんですけど、いつも土管の中にいてあまり出てくることが無いので姿を見れることが少ないのですが、久々に見てみると身が太くなっててビックリしました。
しかも、この体高で横に写っている竹炭シェルターの中に入れていたのにもビックリ。

20090429_04
うちに来てから3年7ヶ月が過ぎたんですが、現在9cmくらいと言ったところで、90cm水槽にいるわりには小振りな方なのかな?

あまり姿を見せてくれないけど、時々変なことをして笑わしてくれる面白い子なんですよhappy01

2009年4月28日 (火)

赤虫食べたら

ひ孫4期生の体が小さいアベニーなんですが、まだムリでしょうって赤虫を頑張って食べたんですけど、食べた後にお腹が凄いことになっちゃったんですよcoldsweats02

20090428_01
食べているところを見ていたんですが、、お腹の真ん中辺りが赤くなっちゃったんです。
以前にも似たようなお腹をしている子がいましたよねぇ?
あの時はブラインしか与えていなかったんですけど・・・

20090428_02
お腹って言うより胸の辺りみたいなんですが

20090428_03
ポッコリと赤く膨らんでいるんですよ。
たぶん食べた赤虫がこの部分に入ってて、この部分の皮膚がまだ薄くて透けて見えるんではないかと思うんですが

20090428_04
隣の子はちゃんとお腹に収まってて下っ腹がポッコリって感じなのに、体が小さいからお腹の許容量を超えちゃったのかな?

20090428_05
お腹自体はそんなに膨れていないみたいなんですけどね。

こんなふうになっていても別に問題はないみたいで、以前このようなお腹をしていた子も翌日には元に戻っていたんですけど、でも何でこんなふうになっちゃうのかなぁ。
体が小さいくせに食べすぎ?
こんなお腹になってもまだ食べようとしていたもんなぁ~

2009年4月27日 (月)

寸詰まりの子がね

底物水槽にいる奇形コリパンダの寸詰まりの子なんですが、今月だってわかっていたんですが気付いたら2年が過ぎていましたcoldsweats01
私が育てたコリパンダの中では、昨年の5月に亡くなってしまったウネウネ君の次に体の短い子なんですけど、ウネウネ君の場合は大きくなれなかったんですが、この子は体が寸詰まりなこと以外は何事も無く順調に大きくなっているんですよ。

20090427_01
何回か登場している子なんですが、この子を育てていた時って稚魚の数が多くて、かなり骨が曲がってて泳ぎ方のおかしい子がいたのはわかっていたのですが、特に発育が遅いって訳でも無く普通に成長していた為に、水槽デビューした後にこのような状態になっていたっていうのに気付いたんですよcoldsweats01

20090427_02
今でも大勢のコリ達の中で左側を向けていると、パッと見ただけでは見つけづらいんですけど

20090427_03
右側を向けているとすぐにわかるんですよ。
でも、右側を向けていることが少ないんですよねぇ~

20090427_04
どのくらい体が短いのかと申しますと、写真を撮った角度のせいで奥にいる子の方が大きく見えるのですが、真横から見ると体高と背鰭の位置等が殆ど同じくらいの子で、その子と比べるとかなり短いでしょ。
骨が曲がっていなかったら、奥にいる子くらいになっていたってところですね。



他の子と違った体をしていてもコリドラスの場合は仲良くしてくれるので、安心して見ていられるのがいいですね。
これがアベニーだったら、常に大丈夫かなぁ突かれやしないかなぁってハラハラしていないとならないところですよ。

20090427_05
今までは何事も無かったのですが、体が短い分どこかしらに負担がかかってやしないかと心配なんですけど、このまま何事も無く長生きしてもらいたいものです。

2009年4月23日 (木)

こんな子が多くて・・・

ひ孫4期生のアベニー達なんですが、かなり長いこと卵を回収していたり、卵を回収しなくなってからも頻繁に稚魚が見つかったりしていたせいで、かなり体の大きい子とチビっこが同じ水槽内にいるんですけど、餌やりの時に少々困ったことが・・・

体の大きい子達はブラインでは物足りないみたいなので赤虫も与えているのですが、大きい子達の為に入れた赤虫をチビっこ達も食べようとしちゃうんです。

自分の口の大きさも考えないで・・・

20091423_01
で、食べたのはいいんだけど赤虫が太すぎるために全部吸い込めなくて、写真に写っている子みたいに赤虫を銜えたままウロウロしている子がそこかしこにいるんですよcoldsweats01

ブラインも与えているんだから無理して食べなくてもいいのになぁって思うんですけど、まだ無理だから食べなくてもいいよって子に限って赤虫に飛びつくんですよねぇ〜
しかもメチャメチャ太い赤虫に・・・

1匹や2匹だったら赤虫を取ってあげるのも苦ではないのですが、けっこう数が多いので手間と時間がかかって大変なんですよcoldsweats01

食べるな!って言っても他の子が食べていたらどうしても食べたくなっちゃうでしょうから、同じ赤虫でももう少し細い赤虫に替えてみたんです。

20091423_02
こちらはSANMIのフレッシュ赤虫なんですが、普段はアベニー達にキョーリンのクリーン赤虫を与えているんですけど、少し前に安い赤虫を食べてくれないかぁって思い購入したんですが、うちのアベニー達には見向きもされなくてコリドラス達の餌になっていた物なんですけど、こちらの赤虫の方が細いみたいなんですよ。

20091423_03
中はこんな感じになっていてこの手のタイプは初めてだったので、最初見た時に「えっ、自分で割らなきゃいけないの?」とか「餌を保存するのにタッパー必要じゃん」とか思っちゃいましたcoldsweats01

20091423_04
太さの違いなんですけど、こちらがSANMIのフレッシュ赤虫で

20091423_05
こっちがキョーリンのクリーン赤虫です。

ほんのちょっとの違いなんですが、このちょっとの違いだけでグルメなアベニー達はフレッシュ赤虫を誰一人として口にはしてくれず、それ以前に目の前を赤虫が落ちていっているのに、何これ?って感じで落ちていくのを見ていたんですよ。

でね、チビ達は食べてくれるか心配だったんですけど、このまま与えたら細くても詰まるだろうから1ブロックを十字に切って与えたんです。

これで少しは改善されるかなぁって思ったんですが・・・

20091423_06

20091423_07

20091423_08
結果はこのとおりで、やっぱり詰まらせているんですよ。

どうして切って短くなっているのを食べずに、中に紛れ込んでる長い赤虫を食べるかなぁ〜

2009年4月21日 (火)

とてもアベニーとは思えない・・・

以前、第2水槽にいる孫7期生のオスのアベニーで、当時1年1ヶ月にもかかわらず6期生や同期のアベニー達と比べるともの凄く体が大きくて、若いのに爺さんみたいに見えるって紹介した子がいるのですが、その彼もあと1ヶ月ちょっとで2年が経とうとしているんですけど、相変わらず他のアベニー達よりデカくって、しかも顔が本当に同じアベニーなのか?と疑いたくなっちゃう始末で・・・

20090421_01
手前に写っているオスがそうなんですけど

20090421_02
写真右上に写っているオスのアベニーは、他の子より少し大きめなんですが、それでも大きい子と比べると小さく見えちゃいます。

20090421_03
ちょっと小さい子と比べると、こんなにも違っちゃうんですよ。
まだ2年経っていないのですが全長がすでに4近くもあって、うちにいる4クラスのアベニーって言ったら、通常は3年〜4年を過ぎたくらいの子達に多いんですけど、この子って通常の倍近くの速さで大きくなっているような気が・・・

20090421_04
以前は目の横にクッキリと皺があったのですが、現在は何故か無くなっているんですよ。
うちにいる老アベニーの中には、以前は目の横に皺があったのに、爺さんになってきたら皺が無くなっちゃったって子もいるので、この子ってば本来なら若いハズなんだけど、成長が速過ぎて実は爺さんになっているとか言わないよねぇ?

20090421_05
正面から見ると、アベニーじゃないでしょって顔でしょ。
てか、この子だけ見たら、この魚の種類って何?って思う人もいたりして・・・

デカくてこんな容姿なもんですから、ついつい爺さん扱いしちゃうって言うか、爺さんって呼んじゃうんですが、うちにいるアベニー達の中ではまだまだ若い子なんですよねぇ。

ゴメンネ、爺さんって呼んじゃってcoldsweats01

2009年4月18日 (土)

変な顔してるよ

まご6期生〜8期生のアベニー達がいる第2水槽でのことなのですが、水槽奥からこちらを見ている子がいたので写真を撮っていたところ・・・

20090418_01
見ていたのはこの子なんですけど

20090418_02
でね、この子の写真を撮っていたら、なにやら左手前の方から気配を感じたので見てみると・・・

20090418_03
エアーチューブに口をつけてアホ面している子がいましたcoldsweats01

20090418_04
いきなり撮ったものだから恥ずかしくなったのか?こんな細いチューブに隠れようとしていたんですよ。
どうやっても隠れられないのにねhappy01

20090418_05
本人は隠れたつもりになっているみたいなんですけど、なんかおかしいと言うか笑っちゃいますよねcoldsweats01

2009年4月16日 (木)

今度はカメかよー

昨日の夕方のことなのですが、仕事が終わって職場に戻りバイクを脇の入り口に横付けしようとしたら、同僚Mが(以前に飛べない鳥を見つけた人)しゃがみ込んで袋の中を覗き込んでいたんですよ。
あきらかに中に何か入ってます、しかも大きい生き物がってな感じで覗いていたので、今度は何を拾ってきたんだよ~って思っていると「歩いていたんですよ、道路を」って言うんですよ。
何が歩いていたんだよーって思っていると「帰りに見た時にもいたから連れてきちゃいました」ってニコニコしながら言うんですよ。
こりゃぁ関わったらとんでもないことになるぞって危険信号が点滅していたので、何を連れてきたのか見たいけど見るのを躊躇していたら、奥から同僚Nが(クワガタを私に押付けた人で、現在は以前保護した猫の飼い主)ニコニコしながら出てきて、私のバイクに持って帰ってって書いてあるメモを貼り付けたんです。
えーマジに何を連れてきたのよーって袋の中を覗いて見ると、中にはでっかいミシシッピアカミミガメがはいっていたんですよcoldsweats02
職場のすぐ近くにある水路で大きくなったミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)は見た事あるし、うちで妹が飼っているクサガメもけっこう大きいので多少大きくても驚きはしないのですが、それをはるかに超える大きさにクラクラきちゃいましたcoldsweats01
しかも連れてきた本人ってば、カメの種類が何だかわからないで連れてきていたらしく、私がこれってミシシッピアカミミガメじゃないって言ってもピンとこなくて、ミドリガメが育ったやつだってばーって言ったら、こんなにデカくなるのーってビックリしてました。
でね、皮膚も甲羅もカラカラに乾いているのを見て「何で水の中に入れてあげてなかったのよー」って言ったらビックリしてましてね、近くに水場の無いような所を歩いていたので水棲のカメだとは思わなかったそうです。
だからミドリガメなんだってばー

20090415_01
急いで職場にあったバケツに水を入れてカメを入れたところです。
急なことなので塩素中和剤なんて無いもんですから、水道水に入れちゃったんですけどねcoldsweats01

20090415_02
小さいバケツしか無かったのでこんな状態になっているんですが、甲羅の長さを測ってみたら17cm弱ありました。

20090415_03
なんとも窮屈そうです。
で、連れてきた同僚Mが責任を取って飼うことになり、とりあえず必要なカメを入れる入れ物とか餌とかを買いに行ったわけなんですよ。

20090415_04
同僚Mと同僚Nとその他1名で近くにあるホームセンターに買い物に行っちゃったので、戻ってくるまでの間カメの面倒を見ることに・・・
近くで見るとけっこう可愛いじゃないですかぁhappy01

20090415_05
うちのクサガメみたいに臆病(警戒心が強い)じゃないみたいだし、この子だったら慣れれば手から直接餌を与えるなんてこともできたりして。
でも、口がデカいから指まで食われそうで怖いかもcoldsweats01

職場にいる時に携帯でオスとメスの見分け方を調べて同僚Mにオスだと言ってしまったんだけど、家に帰ってきてネットで調べてみたら・・・この子メスみたいですね。
オスは前足のツメが長くなるのが特徴らしく、写真に写っている子のツメって短いですもんね。

同僚Mっち、見てたらゴメンね。
せっかく名前付けたのにメスみたいだよ。

2009年4月14日 (火)

餌じゃないよ掃除だよぉ~

昨日の老眼の爺さんアベニーの水槽の右隣には、ひ孫ちゃん達の親である孫アベニー達の水槽があるんですけど、いつも夜に掃除して水替えして寝せようかと思い順番に掃除をしているんですが、老眼の爺さんアベニーの掃除をしていると右側が何やら騒がしいんですよcoldsweats01

20090414_01
どうもね、餌を与えているんだと思って集まってきているんです。
餌くれダンスまでして・・・


なんか1匹別の事をしている子なんかもいるんですけどねcoldsweats01

20090414_02
爺さんの水槽の掃除が終わったので、次はキミたちの番だよって水槽内にスポイトを入れたら、凄い勢いで逃げられちゃいましてね、写真のように寄せ集まってジッと様子を見てたりなんかして・・・

20090414_03
掃除も終わり水替えを済ませて、夜中活動するひ孫ちゃん達の為の餌の準備をしていたら、今度こそ餌をくれるもんだと思ってなのか?またもや落ち着きがなくなるんですよ。
毎晩こんなのの繰り返しなんですが、少しは学習してくれてもいいと思うんですけどね。

20090414_04
期待しているところ悪いんだけど、キミたちこれから寝るんだよcoldsweats01

2009年4月13日 (月)

優雅な1匹暮らし

何のお知らせもしないで長いことお休みしていてすいませんでしたcoldsweats01
ちょっと体調不良だったと申しますか、もともと肩こりが酷いんですが、こりが肩だけではなく背中全体にまで及んでしまい、首を動かしたり腕の上げ下ろしや歩く時にも背中に激痛が・・・ってな感じだったんですが、まだ多少の痛みは残るもののかなり良くなってきたので、ぼちぼちと記事の更新をしていこうかと思っております。

さっそくですが、今日は3つ前の記事でクワガタのフィギュアにビックリしていた老眼の爺さんアベニーの様子を載せてみようかと思います。

20090413_01
この子は私が初めて繁殖させたアベニーの中の1匹で、生後4年5ヶ月~4年6ヶ月くらいの子なんですが、同期の子達がいる水槽はアベニーの数が多かったせいか生存競争が激しく、1年半を過ぎたあたりから拒食でガリガリに痩せてしまう子が多くでてしまい、この子もその中の1匹だったんですが、一時はガリガリに痩せてしまった子ばかりを集めて1つの水槽で飼育していたなんてこともあり、その殆どの子は元の体型に戻ってくれたんですが、同期の子達の水槽に戻すことができなかったので、次の世代の子達と一緒の水槽で生活していたんですけど、10数匹いたガリガリ仲間も3年を過ぎたあたりからポツポツと☆になっていき、現在生き残っているのはこの子だけなんです。

20090413_02
他の水槽にいる同期の子達と比べて、かなり早い時期から老眼と思える症状がでてしまい、皆と一緒に餌を食べる事ができなくなってしまったので、のんびりゆっくりとじゃないと餌を食べられない子達がいる隔離水槽に移ったんですが、そこでも一緒にいた子が次々に☆になってしまったので、昨年の9月からは優雅な1匹暮らしをしているわけなんです。

でね、この爺さんアベニーなんですが最近ちょっと変なんです。

20090413_03
寝ている時に体が横になっていたり斜めになっていたりするんですよ。
死んでるんじゃないかと思うような寝方なんです。

20090413_04
こんなふうに上体が浮いているような時もあったりするんです。
寝起きの様子を動画に撮ってみたんですが、この爺さん二度寝しちゃったんですよ。


寝起きも凄く悪くてね、ライトを点けてから10分以上経たないと動き出さないんですよ。
目は動かせるんだけど体が起きてないって感じでねcoldsweats01

20090413_05_2
食事はね、この体型を見ていただければしっかり食べれているのはわかると思うのですが、目の調子がいい時と悪い時とがあるんですよ。


何も無い所を突いてみたりするんですよねぇ~
以前は直接スポイトで与えていたんですが、今はそこまでしている余裕がないので、少し多めに赤虫を撒くようにして、どこか突けば赤虫が食べられるってな状態にしてあるんです。
残飯はラムズ君達が綺麗に食べてくれるのでcoldsweats01

20090413_06
横寝しているってのが気になるところではあるのですが、起きている時は別に変ったところも無く、日がな一日のほほんと暮らしている爺さんです。

この子を含め私が最初に繁殖させたアベニー達が今年の10月以降に丸5年を迎えることになるのですが、かなり数が激減していますしこれから暑い夏が来るわけなんですけど、できれば多くの子が5年を迎えることができればいい
なぁって思っています。

2009年4月 4日 (土)

撮られているのに気付いた瞬間

ひ孫4期生のアベニー達って小さい水槽内にた~くさんいるから、1匹に絞って写真を撮るのが難しいんだけど、回りにも他のアベニー達がいるからその子を撮っているって気付かれないようにしているのに、なぜか自分が撮られているってわかっちゃうんですよねぇ~

今日は、そんなアベニー達の気付く前、気付いた時、その後なんかを載せてみますね。

20090404_01
まず、この子なんですが、遠くからでも目を引いちゃうくらいデブい子なんですが、大きいフィルターの上にデデ~ンといたんですよ。

20090404_02
いま撮ったでしょって顔をされちゃいましてね

20090404_03
その後ゆっくりと後ろを向いちゃいましたcoldsweats01

20090404_04
この子はね、今回の子達ってラムズをいっぱい入れているんですが、ラムズ君自体があまり大きくないので、ラムズ君に乗っかっている姿って殆ど見かけないんですけど、久々にキターって感じだったので急いで撮ったら

20090404_05
ビックリされちゃいましてね

20090404_06
ちょっと気まずそうな感じでしたcoldsweats01

20090404_07
この子はね、エアチューブをつければエアレーションも出来る小さいケースの、エアチューブを入れる場所に入ってマッタリしていたんですけど

20090404_08
撮ったら振り向かれてしまいましてね

20090404_09
ん?なに?って顔をされちゃいましたcoldsweats01
このケースなんですが、本来は魚達がこの部分に入り込まないように、エアレーション用とエアレーションしない時用の蓋があるんですけど、この空間ってけっこう広くて出られなくなっちゃうってこともないので、ちょっとしたくつろぎの場所みたいな感じで蓋はしていないんですよ。


っとまあ、こんな感じだったんですけど、けっこう離れてズームで撮っているのに、意外と気付かれちゃうもんなんですねhappy01


それから、コメントをいただいているのにお返事が遅くなっていてすみません。
近日中に必ず書きますので、お許しくださいませませcoldsweats01

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

リンク