カテゴリー「コリドラスジュリー」の10件の記事

2009年2月24日 (火)

ステルバイ&ジュリーを迎えて3年

うちの底物水槽って圧倒的な数の多さからコリドラスパンダの水槽って感じになっていますが、パンダの他にもコリドラスはいるんですけど、写真を撮ろうにもパンダに邪魔をされたり本人達が奥の方にいたりして、なかなか撮れなくて出番が少なくなってしまうんですけど、ステルバイとジュリーが今月で3年を迎えたので写真を撮ってみました。

お迎えした当時の写真は→こちらから見れます。

20090224_01
ステルバイは2匹いるんですけど、3年を迎えたのはこの子なんです。
2匹でいることが多かったりしてどちらの子なんだかわからなかったり、写真を撮っても私自身がハッキリとこの子だってわかる物が少なく、ちゃんと確認してから撮ったのがこの写真だけなんです。
2匹でいるときは若干この子の方が体が小さいので何とかわかるのですが、1匹だけの時はパッと見ただけでは判断がつかず、右の腹鰭が齧られたかのように丸く抉れているので、写真に写っているような向きをしている時や、泳いでいる時に腹鰭を見て判断しているんですよ。

20090224_02
そしてこちらがステルバイと一緒にうちに来たジュリーです。
ジュリーとして売られていたのでジュリーと思うようにしているのですが・・・
この子よりずっと後にスポット模様のジュリーを2匹迎えたんですが、病気にさせてしまい2匹とも☆になってしまったんですけど、この子はとっても丈夫ですね。
ステルバイみたいに体が大きくないので、コリパンダに混じるとわからなくなるほど地味な存在なのですが、マイペースで飄々としているところが気に入っています。

20090224_03
滅多に前面に出てくることはなく、たまに出てきたって思ってカメラを構えると逃げちゃうことが多いので、このような写真が撮れるのは極稀なんですよcoldsweats01

20090224_04
運よく1枚撮れても直ぐに逃げちゃうので、これなんかは隠れて物と物の隙間から撮ったんですよ。

スタルバイは一度病気にかかりましたが、ジュリーは病気にもかからずにうちの悪環境の水槽内でよく頑張ってくれているなぁと思います。
馬鹿な私が後先考えずに繁殖させ今の窮屈な状態にしてしまい、またその環境を変えてあげることができず、コリ達には本当に申し訳ないと思っているので、この2匹を含め他の子達にも長生きできるよう、病気になどさせないように水槽管理は怠らないようにしなければなりませんね。
忙しいからって管理を怠ると、その時は大丈夫でも必ず後でしっぺ返しを食らっちゃいますからねcoldsweats01

2009年1月14日 (水)

どこから集まってくるんだ~

うちの底物水槽には150匹のコリドラスとクラウンローチとテトラオーロ(ほとんど出番がない)が1匹づついるのですが、普段はそんなにいっぱいいるようには感じないのですけど、餌の時間になると・・・

20090114_01
どこから湧いてくるんだかコリ集りができてしまいます。

20090114_02
コリが集まっている原因はコレなんですけど


いつも沈着冷静なステルバイが、慌ててすっ飛んで来るのには笑ってしまいました。


餌も食べずに必死に土管を死守し、誇らしげにしているクラウンローチって・・・

20090114_03
久しぶりの赤虫だったんですけど、フレークやタブレットの時にはここまで凄くないのですが、赤虫や生ブラインだと凄い勢いでコリ集りができちゃいますねcoldsweats01

2007年12月29日 (土)

でぶジュリーも☆に

正月休みなんて無いのに「何でこんなに忙しいんだー」って叫びたくなるくらい忙しく、ここ数日は毎晩仮眠をとる程度に家に戻る日々が続いていた為、なかなか更新することが出来ずに報告が遅くなってしまったのですが、先日、隔離していたアベニーが亡くなった日に『でぶジュリー』も亡くなっていたのです。
もともと少し太りぎみだった為、ただ単に太っただけだろうって思って異常に気付くのが遅くなってしまい、気付いた時には手遅れだったっていうジュリーには可哀想な事をしてしまったのです。
やはり私が心配していたとおり、数分前まではチョロチョロと動きまわっていたのに、気付いたら私のすぐ目の前で仰向けになってお亡くなりになっていたのです。
今回も死魚の写真を載せていますので、ご覧になる方は覚悟が必要かと思います。

20070202___012
写真右の子が今回亡くなった子なのですが、今年の1月23日にうちの子になりました。
当時は写真左にちょっと写っている子と2匹で、もう1匹の子と比べると体が一回り小さく餌をあまり食べない子でした。
普段でしたら水合わせをした翌日に水槽に入れているのですが、体が小さかったので少し家に慣れてから水槽に入れた方がいいかな?って思い、水合わせ用に設置した仮水槽で2週間くらい生活していました。
その間、相方の子はバクバク餌を食べてしっかりした体つきになってきたのに、この子は相変わらず小食で弱々しい感じでした。
2週間が過ぎ水槽の方に移してからは、餌を良く食べるようになったのですが・・・

20070307___024
水槽に入れてから1ヶ月で上の写真のような体型になってしまいました。
その後8ヶ月間は、この体型を維持しつつ体は大きくなっていったのですが、11月に入った頃から急にデブに拍車がかかりダイエットをしなければと思ったのです。
しかし、コリパンダ達にも付き合ってもらい餌の量を半分以下に減らしても、デブの拍車は止まらなかったのです。
12月に入り半月以上も餌の量を減らしているせいか、コリパンダはスリムになってきているのにジュリーは太り続けていたので、さすがにここまで来ると私でも変だなぁと思い始めたのですが、ただのデブじゃないと気付き始めた頃には、もうお腹の膨張を止める手立てがなかったのです。
そしてとうとう・・・

R0026262
別の容器に移してから撮影した写真なのですが、水槽の前面で写真に写っているような仰向けの姿で亡くなっていたのです。

R0026257
最終的には、こんなにお腹が膨れてしまったんですよ。
お腹を触ってみたらブヨブヨしていて、ガスが溜まっているって感じでは無く、水が溜まっているって感触でした。
太っていた期間が長かったし普段は水槽の奥の方にいる子なので、更にお腹が膨れだした時に異常だと気付きにくくてこのような結果になってしまったのですが、もっと注意深く見ていれば早期に発見できてこんな結果にはならなかったのかな?

今年は、病気に対する知識が無さ過ぎるって痛感させられた1年間だったような気がします。
薬を使った治療を過去に何度か行っていますが、薬の量を見極めるのが難しく失敗する事が多かったので、今までは病気の子を出さないって事をモットーに気を付けて飼育し、病気にかかる子も少なく病気になっても自己治癒で治るってケースが多かったのですが、今年はそれだけではダメっていうのを思い知らされました。
やはり、もっと知識を身につけないとダメですね。
なかなか難しいんですけどね。

2007年12月 8日 (土)

マジにヤバイかも

底物水槽で、1匹だけデップリ太ってしまったコリドラスジュリーなのですが、ダイエットしているのにもかかわらず、また太ってしまったような気が・・・
ダイエット前は、朝は赤虫で夜はコリタブの1日2食だったのですが、ダイエットをするのに1匹だけでというのが難しいので、他の皆さんにも付き合ってもらい1日1食にし、朝にコリタブを与えるだけにしてから20日が過ぎたのですが、痩せるどころか「あれぇ?また一回り太った?」って感じなのです。

R0025558
写真のような体勢をとっている事が多いのですが、このように何かに凭れかかって上半身を上げとかないと、尾の方から浮かびそうになっちゃうのです。
時々、土管の中で頭が下の状態で浮かんでいる姿を見かけるんですよ。

R0025589
またまた見苦しいフィルターが写っちゃってて心苦しいのですが、背中の方から見ると凄いでしょ。

R0025590
なんか最近では、ただ食べすぎで太ってるんじゃないような気がしてきたんですよ。

ちょっと気を抜くと体が浮かび上がっちゃうし、横っ腹のあたりから下の方がうっすらと赤いのが気になるんです。

でも、元気は元気なんですよ。
とっても食欲はあるし、ちょこちょこと動きまわっているし、この間は泳いでいたんです(驚)
目の端にデカイ物体が泳ぎ去っていく姿が映ったので、思わず振り返って見てみたら、でぶジュリーが短い尾をブンブンさせて泳いでいる後姿が見えたのです。
しかも、けっこう早かったのにはビックリしました(笑)

内臓疾患を起こしているんじゃないかと心配なのですが、どうしたらよいものやら・・・

今は元気ですが、ある日突然コロッとなんて事が起きやしないかと気が気じゃないんですよ。

2007年11月15日 (木)

ダイエットしないとね!

前々からデブいとは思っていたのですが、最近デブさに拍車がかかってきて、どうしたもんかと悩んでいます。

R0024294
右にいるジュリーがそうなのですが、となりのステルバイを見ても分かるように超おデブなのです。

R0024293
太り始めた頃は、メスなのかな?とあまり気にもしていなかったのですが、段々と二段腹になり横っ腹のあたりもボコボコと波うってきて、最近ではピンポン玉体型になってしまいました・・・

R0024298
この子だけ餌をいっぱい食べているって訳ではないのですが

R0024299
ジュリーより沢山食べているパンダは、殆どの子が写真のような体型をしているのに

R0024300
なぜかデブデブになっちゃうんです。
あまり動かないって言うのもあるんですが、同じようにあまり動き回らないステルバイやウネ模様のジュリーは、太からず細からずといったいい体型をしているのにー
太りやすい体質なのかなぁ。

R0024392
でも、どうやってダイエットさせたらいいんだろう。
他の子もいるから、餌の量を減らす訳にもいかないし、タティアがいるから赤虫を与えるのを止めることもできないし・・・

どうしてあなただけ太っちゃったの?

2006年5月 4日 (木)

まるっこくなってきた

20060210__046
うちに来た当初はスリムだったのに


20060503__009
最近では・・・


2006年3月11日 (土)

祝!ステルバイ&ジュリー

コリドラスステルバイとジュリーが家に来て1ヶ月が経った。
ステルバイはヒゲも完全に復活し一人でいることも多いのだが、何か孤独を楽しんでいる風でもある。
ジュリーはよくエサを食べるのでコロコロパツパツになってしまいダイエットが必要かな?
昨日のコリパンの卵17個が無精卵の為テトラ達のエサになりました。


2006年2月 9日 (木)

ご対面

夕方、仕事から帰ってきてステルバイとジュリーを本水槽の方に移した。
しばらくは2匹で寄り添っていたのだが、だんだんとジュリーの方はコリパン達と馴染んできて一緒に行動してたりする姿が見れたのだが、ステルバイは皆の中に入っていけないようだ。
一人ぼっちでいると、ジュリーが時々戻ってきて傍にいてくれてたりするのだが、エサなんかを入れると我を忘れてすっとんで行ってコリパン達に混ざって食べている。
ステルバイはまだ近くにエサを落としてあげないとダメみたいだ。
それにしてもジュリーは馴染むの早すぎー。


水合せ2日目

朝、仕事から帰ってきてすぐに水合せを再開。
水槽内の水を3分の2くらい捨てて再度水合せを開始。
その間に他の子達の餌やりをした。
30cmの水槽に移動した孫アベニー達は元気に泳いでいる。
このままの調子だとステルバイとジュリーがタンクメイトと対面できるのは、夕方仕事から帰ってきた後になりそうだ。


2006年2月 8日 (水)

今日はお買い物

仕事帰りにユニデイでコリ達用の45cm水槽と孫アベニー用30cmフラット水槽を購入、コリ達の水槽が大きくなるので、ついでにステルバイとジュリー?(トリリネだと思う)も買ってしまった。
原チャリ(カブ)に水槽を積んで帰ってきたのでちょっと心配だったのだが、別にどこもおかしい所はなさそうだ。
早速、ステルバイとジュリーを水槽に浮かべて温度合せをし、その間に孫アベニー移動の準備。
水槽洗って底ジャリ敷いて元水槽の水を半分以上移し新しい水を足して新しいフィルターを設置、産卵ケースの移動が終わったところでアベニーを投入した。
フィルターが新しいので、元から使っていたスポンジフィルターも念のために移し変えておいた。
次に、ステルバイとジュリーの水合せの準備に取りかかり、チューブにエアーストーンと分岐をつなげて簡易水合せキッドを作り水量を調節しながら水合せを開始。
水槽に水がある程度溜まった時点で夜も遅くなってきたので一時中断。
ヒーターを入れエアー供給をし、餌をちょっとだけ与えて明日の朝帰ってから再開することにした。


リンク