カテゴリー「アベニーパファー まご3期生」の17件の記事

2009年4月14日 (火)

餌じゃないよ掃除だよぉ~

昨日の老眼の爺さんアベニーの水槽の右隣には、ひ孫ちゃん達の親である孫アベニー達の水槽があるんですけど、いつも夜に掃除して水替えして寝せようかと思い順番に掃除をしているんですが、老眼の爺さんアベニーの掃除をしていると右側が何やら騒がしいんですよcoldsweats01

20090414_01
どうもね、餌を与えているんだと思って集まってきているんです。
餌くれダンスまでして・・・


なんか1匹別の事をしている子なんかもいるんですけどねcoldsweats01

20090414_02
爺さんの水槽の掃除が終わったので、次はキミたちの番だよって水槽内にスポイトを入れたら、凄い勢いで逃げられちゃいましてね、写真のように寄せ集まってジッと様子を見てたりなんかして・・・

20090414_03
掃除も終わり水替えを済ませて、夜中活動するひ孫ちゃん達の為の餌の準備をしていたら、今度こそ餌をくれるもんだと思ってなのか?またもや落ち着きがなくなるんですよ。
毎晩こんなのの繰り返しなんですが、少しは学習してくれてもいいと思うんですけどね。

20090414_04
期待しているところ悪いんだけど、キミたちこれから寝るんだよcoldsweats01

2008年12月25日 (木)

産卵真っ盛り

今年も残り1週間になり、ますます忙しさに拍車がかかってきて、寝不足で体ダルダルって感じの今日この頃なんですが、まごアベニー達は元気いっぱいで毎日子作りに精を出しているんですcoldsweats01

20081225_01
ちゃんと掃除をする時間と体力がないので水槽の内側も外側も汚いままなのですが、それは見なかった事にしていただくとして、まごアベニーがいる第2水槽では産卵真っ盛りでして、私が仕事から帰る頃にはいつも真っ最中なんですが、なぜか水槽の中央から左側にアベニー達が集まる傾向があるのです。

20081225_02
2個設置してあるうちの、普段から卵の回収率の高い左側の投げ込みフィルターの傍に、このような陶器でできたフェンスを意図的に置いているのですが、このフェンスがいい働きをしてくれているみたいなのです。

20081225_03
いい具合に波を打っていて、この出っ張ったり凹んだりしている部分が産卵場所としての役目を果たしているんです。

20081225_04
あと、写真に写っているL型ジョイントなんですが、今までは後ろの方に向けていたんですけど、この付近で沢山卵が回収できるので、回収しやすいように前の方に向けてしまったんですけど、前に向けたことによってこの場所で産卵しなくなっちゃうのでは?と思い、ちょっとした目隠しがわりに置いたところ効果があったみたいで、後ろに向けていた時と変らずに毎日この付近では確実に卵が回収できるんですよ。
でね、昨日もこの付近の底をスポイトで弄っていたら・・・

20081225_05
近くでアベニーのオス2匹が1匹のメスに求愛をしてまして

20081225_06
メスも卵を産む気満々って感じだったんですけど

20081225_07
ちょっと焦らすみたいな感じでスルリと身を翻して逃げたりして、メスが逃げたのに気付かないオスが、もう一匹のオスに身をすり寄せているってアクシデントがあったのですが、この3匹の求愛から産卵と食卵に至るまでを動画に撮ってみました。


ちょっと分かりづらかったと思うのですが、産卵していた所って分かりました?
フェンスの所で産んでたんですけど・・・
2匹のオスは近くに別のメスが居ても脇目も振らずって感じだったし、途中から別のオスが参入してきたりなんかもしてましたね。
メスは自分が産んだ卵を食べ始めるし・・・
1個食べた時点でスポイトで邪魔をして、すかさず卵を吸い取っちゃいましたcoldsweats01

20081225_08
収穫はと申しますと、動画で産卵していた場所と、その付近をスポイトで弄ったら7個の卵を回収することができました。
確実に1個は食べられてしまったんですけどね。

20081225_09
フェンスを入れてからはフェンスの辺りでの産卵が多くなっているみたいなのですが、うちの場合は水槽内にフィルターくらいしか入れてないので、産卵する場所って限られてしまっているんですよ。
写真に写っているように、水槽の角の部分だったりガラス面に沿った部分とか

20081225_10
フィルター周りの体を寄せ付けられる部分に産むみたいなので、そういった所の要所要所にアベニーの体が収まるくらいのちょっとした窪みを作ってあるんですけど

20081225_11
様子を見ていると、やっぱり少し窪んだ部分で産卵していることが多いみたいです。

毎日毎日そこかしこで産卵しているので、最近はけっこう卵も回収できたりするのですが、稚魚もかなり増えてきちゃったので、頑張ってくれているんだけどそろそろ回収するのを止めないとなぁって感じなんです。
いま順調に育っている稚魚だけでも24匹ほどいますし、餌を食べ始めた稚魚も15匹くらいいて、更にまだ餌が食べられない稚魚もそれなりにいて、孵化しそうな卵も・・・ってな感じになっているんですよcoldsweats01
これから先どうなるかは、まだわからないんですけどね。
その稚魚達については、また後日に報告しますねhappy01


それから、更新も滞りがちで見に来て下さっている方にはご迷惑をおかけしてますし、コメントいただいているのに返事が遅れてて申し訳ないです。
コメントのお返事は近日中に書きますし、もう少ししたらこの状態も少しは良くなると思います。
本当にゴメンなさい。

2008年9月26日 (金)

相変わらずだねぇ~

アベニーパファーまご3期生の『おちびちゃん』なんですが、なかなか体が大きくなれなくて赤虫が太くて飲み込めずに詰まらせたり、赤虫が食べにくいので冷凍ブラインシュリンプ大好きっ子になってしまい、手間とお金のかかる子だったんですが、現在の第2水槽に移す頃になると赤虫も食べられるようになってホッとしていたのですが・・・

20080926_01
あっ、おちびちゃんだーって写真を撮ったら・・・

20080926_02
振り向いた彼女の口から赤虫が見えていたんです。

20080926_03
また飲み込めないのかと思ったんですが、どうやら歯か何かに引っかかってしまっているらしく、これ以上は飲み込めないし出すことも出来なくているらしいのです。

20080926_04
自分で何とかしようかと頑張っていたみたいなのですが、「ねぇ、取って~」って感じでこちらを向いたので、しかたがないので取ってあげましたcoldsweats01

あと1週間くらいで2年3ヶ月になるので、もう『おちびちゃん』って歳でもないよなぁ~と思うんですが、現在同居している6期生~8期生達の中にいても「やっぱり小さいね」って思うような子なんです。
おちびちゃんは、いつまで経っても『おちびちゃん』だね。

2008年5月25日 (日)

一緒に食べればいいのに

まご6期生~8期生達と同居してしまった為に見つけづらくなってしまった『おちびちゃん』なんですが、一度は見つけたもののすぐにわからなくなってしまっていたんだけど、最近はある事情により目に付きやすい場所にいる事が多くなったんですよ。

R0033063
と言うのも、この冷凍ブラインシュリンプが食べれるようになった子が原因というか、この子のおかげといった感じなんですけど、この子が餌を食べている近くに必ず『おちびちゃん』がいるんですhappy01

R0033067
手前の小さい子が冷凍ブラインを食べれるようになった子で、人工水草の所で平静を装っているのが『おちびちゃん』です。
この辺りに冷凍ブラインを撒かれているのを知っててこの場所にいるのに、興味ありませんって素振りなんですよ。

R0033079
でもね、小さい子が移動すると『おちびちゃん』も移動するんです。

R0033080
かと言って、一緒に冷凍ブラインを食べる訳ではないんです。

R0033082
付かず離れずといった場所にいて、小さい子が食べているのを見てない振りして見ているみたいなんですよねぇ~

R0033083
小さい子が冷凍ブラインを食べるとね

R0033084
『おちびちゃん』の様子に変化が・・・

R0033085
いままで平静を装っていたのに、「あ~あたしの冷凍ブラインが~」って表情になるんです。
小さい子が、そんな事お構い無しにバクバク食べていると

R0033088
「あたしの冷凍ブラインなのにー」って、ちょっとだけ表情が険しくなるんですよcoldsweats01

R0033090
以前は『おちびちゃん』も周りのことを気にせずに、小さい子みたいに他にも冷凍ブラインを食べたい子を尻目にバクバクと食べていたんですが、大人になって遠慮するようになったのかな?
それとも、『おちびちゃん』の為に落としてあげたブラインには速攻で食い付くので、ただ単に小さい子の前でガツガツ食べている姿を見られたくないのかな?
でも、後をつけて見張るくらいだったら、一緒に食べればいいと思うんだけどなぁ。

2008年5月21日 (水)

催促しているつもり?

第2水槽のまご6期生~8期生達は、稚魚飼育水槽にいる時から餌が落ちてくるのを底で待って、自分の近くに落ちた餌を食べる子達だったのですが、まご3期生達と一緒にすることで自分から餌を貰いにくるようになるかと思ったのに、多少は改善されたものの普通の餌くれダンスを見れる日は程遠い感じです。

R0032952
ちょっと前までは、私が水槽の前に立ち赤虫の入ったカップとスポイトを見せても写真のように集まって来ることはなかったんですが、一時期まご3期生達が6期生~8期生達の怠慢ぶりを見習ってしまい、餌を自分から貰いに来なくなってしまっていたんですけど、最近になって餌くれダンスが徐々に復活してきたみたいで、それを見習ってなのか一応は水槽前面の中央辺りに集まるようになってきたんです。


ちょっと焦らしすぎちゃったんで、せっかく集まったのが散らばりつつあったんですが、とても餌をチラつかせられているアベニーの行動って感じじゃないですよねぇ。

R0032953
写真を見てもわかるように、待機している位置が低いでしょ。
しかも目線は下だし・・・
やっぱり落ちてくる餌じゃなくて、落ちた餌を食べるんですよねぇ~

2008年5月19日 (月)

フィルター交換

昨日のことなんですが、第2アベニー水槽の小型外部フィルターをやっと交換しました。
フィルター自体は1ヶ月くらい前に買ってあったんですが、ついつい後回しになってしまって・・・

R0031853
あまり変らないのですが、いままで使っていたテトラのオートパワーフィルターAX-30を、写真のAX-45にしたでけなんですけどねcoldsweats01

R0031571
いままではこんな感じで、シャワーパイプが短いしモーター部分も小さかったんですが

R0032924
こちらは取り替えた後の写真なんですが、シャワーパイプが少し長いのは嬉しいんですけど、モーター部分がデカイんですよ。
けっこう存在感があるし、音もちょっとだけ気になるかな?
振動がかなりあって、水槽や置いてある棚を触るとブルブルと振動が伝わってくるんです。
以前のに比べるとパワーが全然違うから、こればっかりはしかたがないんでしょうけどね。

この第2水槽は60cmの水槽(コトブキ ダックスC60)なんですが、高さと奥行きがない為に水量が26Lしか入らなくて、しかも地震対策&飛び出し防止の為に通常は最低でも水位を7センチは下げているので、20Lくらいしか入ってないんです。
AX-45は水量36Lまで対応しているらしいので、これだけでも対応できると思うのですが、念のためにサブフィルターとして入れてあった水作エイトを1個だけ残すことにしました。

で、フィルター変更後のアベニー達の様子はと申しますと・・・

R0032927
相変わらずマッタリモードですcoldsweats01

R0032929
置物に寄りかかってたりして

R0032931
マッタリって言うよりダレているみたいだよ。

R0032933
この子は出目ちゃん。
寝てるのかな?って水槽をコツコツしたら

R0032934
寝てません!って感じでこちらに向き直ってましたcoldsweats01

R0032936
3枚上の2匹なんですが、写真を撮っているのにいつまでもダレていたので、じぃーeyeっと見ていたら

R0032937
いままで見られていたのに気付かなかったって感じでビックリしてました。

R0032939
他の子達も底の方でゆっくりと漂ってたり

R0032942
密談してるのかな?

R0032946
ひっそりと隠れている子なんかもいるし・・・
モーター部分が大きくなったから、隠れるのにちょうどいいのかもね。

R0032950
それにしても、上の方を泳いでいる子がいないって言うのは、どういうことなんだろうね。
うちの子達って、第1水槽にいる子アベニー(爺さんと婆さん)意外は、のほほん~とかボヘヘ~ってしている子ばかりなんです。
もう少し親達を見習って、水槽内を自由に泳ぎまわってもらいたいもんです。

R0032951
モーターが大きくなってパワーアップしたから、水流がきつくなってアベニー達が嫌がるかと心配だったのですが、その辺はシャワーパイプの水が出る部分を後ろのガラス面に向けてあるし、多少角度を変えて緩和してあるので大丈夫みたいです。
他の方の所では、水流がキツイのを好む子もいるみたいなのですが、うちの子はかなり弱いのを好むので、水流を抑えつつ水が循環するように気を使わないとならないのが大変ですね。

2008年4月24日 (木)

おちびちゃん見っけ!

まご3期生の『おちびちゃん』なんですが、第2水槽へ移してしまったのでどの子なのか分からなくなっていたのですが、昨日の夜にそれらしい子を見つけたんです。

R0032038
この子なんですけど、見れば見るほど『おちびちゃん』っぽいので、試しに冷凍ブラインを撒いてみたんだけど、昨日は食べてくれませんでした。

R0032046
今朝も昨日と同じ人工水草の所にいたので、またブラインを撒いてみました。

R0032047
ちょっと反応があったので、ブライン増量してみたら・・・

R0032049

R0032050

R0032051

R0032052

R0032053
ねっ、食べたでしょhappy01

R0032055
私が食い入るように見ていたから、気になるみたいだったのですが

R0032057
でも、またすぐに食べ始めたんです。
間違いありません、この子が『おちびちゃん』ですhappy02

R0032074
体もそれなりの大きさになってきたので、赤虫が主食になりつつあるのですが

R0032075
冷凍ブラインは大好きなので、赤虫を食べた後でもしっかり食べるんですよhappy01

R0032076
昨日食べてくれなかったのは、餌を与える時間が遅すぎちゃって、他の子達も餌食いが悪かったんです。
ボヘ~ってしちゃってて、半分寝てたのかも。

R0032080
もっと『おちびちゃん』を見てたかったんですが

R0032085
さりげなく私の目から逃れて

R0032087
後ろに隠れちゃいましたcoldsweats01

2007年12月 2日 (日)

彼が悪いんだもん

先日『おちびちゃん』が、彼女を見守っているオスに対して冷たい態度をとっていましたが、それには訳があったのです。

訳を説明する前に、ちょっとだけこの第2水槽内のアベニー達の関係を説明しておこうかと思います。

R0025526_4  R0025494_3
写真左のオスのお目当ては、写真右のメス(ひ孫1期生のママさん)で、彼女のみに求愛しています。

R0025517  R0025500
写真左のオスのお目当ては、基本的には写真右のメスです。
彼女の傍にいることが多いのですが、時々ひ孫のママさんを追いかけている時も・・・

R0025043  R0025485
写真左のオスのお目当ては、基本的には写真右の『おちびちゃん』です。
ただ、彼は浮気性なのか?他のオスが求愛行動を始めると『おちびちゃん』以外のメスの所に行ってしまうのです。

水槽内ではオスとメスが複数いますので、完全なペアではないのですが、ペアらしきものが出来上がっているのです。

で、この水槽内を見ていて思ったのですが、『おちびちゃん』は、ひ孫のママさんには攻撃しないのですが、もう1匹のメスとその相手のオスに対しては少しでも視界に入ると攻撃を仕掛けるのです。
しかも、執拗に追いかけていくのですよ。

何なんだろうと思ってよく水槽内を観察していたら、なんと『おちびちゃん』のことを見守っているオスが、『おちびちゃん』の傍にいない時は、『おちびちゃん』が執拗に攻撃を仕掛けているメスの近くにいることが多いのです。
彼がそのメスの傍に行っているのか、そのメスが彼の傍にいるのかは分からないのですが、別に求愛をしているって訳でもないのですが、近すぎず遠からずの位置に2匹がいる姿を時々目にしました。

R0025462
R0025465
R0025470
『おちびちゃん』が執拗に攻撃しているメスと彼が密会?している現場を私に見られて彼が逃げていく所なのですが

R0025471
そのすぐ近くで『おちびちゃん』も現場を目撃していたのです・・・

度々このような姿を見かけるのですが、その後メスが1匹だけになると『おちびちゃん』は攻撃しに行くのです。

で、このメスを『おちびちゃん』が攻撃するものだから、やられた方もやり返すし、その相手のオスが『おちびちゃん』に「俺の彼女に何するんだ」と言わんばかりに攻撃するのです。

そんな事を繰り返しているうちに、『おちびちゃん』にとってこの2匹は大嫌いな存在になり、別に何もされてなくても視界に入った途端に凄い勢いで追いかけて行って攻撃するようになってしまったのです。

『おちびちゃん』は、この2匹以外には攻撃することは無いんですよ。

どんな感じなのか動画に撮ってみました。



ねっ、ちょっとでも姿が見えると凄いんですよ。

最後の方で、水槽の後ろをウロウロしているオスと、お猪口の後ろから出てきたメスが『おちびちゃん』が嫌っている2匹です。

なぜ『おちびちゃん』が、彼に対して完全無視という冷たい態度をとったのか、何となく想像つきますよねぇ?

アベニーに人間と同じ感情があるとは思えないのですが、でも、そう思わせるような人間くさい行動をとることか稀にあるんですよ。

最初は偶然かな?って思うんですけど、偶然が何回も続くと偶然じゃないでしょって感じになりますよね。

だから『おちびちゃん』は、彼に対して怒っていたんじゃないかな。

まっ、彼が悪いんですけどね。

2007年11月22日 (木)

食べやすいんだもん

R0025016
赤虫がデカくて気持ち悪いのですが、この子は『おちびちゃん』です。
写真の赤虫と比べてみても分かると思うのですが、とっても体が小さいのです。

R0024883
しかも、おちょぼ口なもんですから、赤虫を食べるのが容易ではなく、2本くらい食べると疲れちゃうみたいなのです。

R0023372
小さくて細めの赤虫を探して食べているのですが、無い時はムリして大きい赤虫を食べて、飲み込めずに赤虫を咥えたままウロウロしていることも多々あるのです。
赤虫が食べづらい為に主食が冷凍のブラインシュリンプになってしまった子が他の水槽にもいますし、この子がいる水槽にも主食が冷凍のブラインシュリンプの子がいるので、『おちびちゃん』も食べないかなぁ?って近くに撒いていたのですが、最初の頃は逃げ回っていて食べるどころではなかったのです。
それでも毎日与え続けていたら、1週間くらい前からやっと食べだすようになったのです。

R0024880
冷凍ブラインを投入すると一目散にやってきて

R0024879
赤虫なんか眼中にないらしく、ただただブラインのみを物色しているのです。

R0025017
そして、パクパクと食べるんですよ。

R0025022
そこいらにいっぱいブラインが散らばっているのに、やっぱりアベニーの習性なのか

R0025021
念入りに選んでからパクつくのです・・・

R0024872
赤虫だけの時には見られなかった食べっぷりに少々ビックリしているのですが、彼女にとって食べやすいみたいなので、よほどお気に召したのでしょうね。

R0024882
『おちびちゃん』が冷凍ブラインを食べるようになってから、1回に使う量が増えた為に冷凍ブラインの減りが早くなってしまったのですが、嬉しそうにすっ飛んでブラインを食べに来る姿を見ると、多少食費がかかる(ブラインの方が値段が高い)ようになったとしても、しかたがないよなぁって感じです。

いっぱい食べて、早く立派なお母さんになって貰わないとね!

2007年11月21日 (水)

お引越し

ひ孫水槽をリセットしようかと思ったのですが、フィルターは新しいのと取替えないとならないし、水槽も熱湯消毒しないとならないので、手っ取り早く別の水槽に引越しさせることにしました。
ついでに、ちびアベニー水槽と第3アベニー水槽と治療水槽も変更をしちゃいました。

まずは、ちびアベニー水槽ですが

R0024786
今までは、トリオコーポレーションのビバリア アール3119(31㎝×18㎝×19㎝  8L)を使っていたのですが、コトブキのダックスC35(35㎝×19㎝×21㎝  13L)に変更しました。

R0024790
行く行くは、45cm水槽か第2水槽の住人に別の水槽に移ってもらって、60cm水槽に入ってもらおうかと考えているのですが、もう少し大きくなるまでは、この水槽で様子を見ようかと思います。

R0024789
少しだけ水槽が大きくなったので、まご8期生が入っているケースも大きくしました。

R0024787
R0024788
この子達も、しばらくはケース生活かな。

次に第3水槽ですが

R0024775
今までは、GEXのカメ飼育セットの30cm水槽を使っていたのですが、こちらもコトブキのダックスC35に変更しました。
6匹しか入っていないのに大きい水槽にしたのには訳がありまして・・・
ひ孫ちゃんを増やすべく、アベニーが卵を産みやすい場所を作るのと、卵を回収するときに使う掃除用のポンプを無理なく入れられる広さを確保したかったのです。

R0024783
本当は、もう少し大きい水槽にしたかったのですが、水槽を置くスペースの問題から、この大きさが限度なのです。

R0024776
卵の回収率がメチャメチャ低いので、繁殖行為らしきものは行っているが卵を産んでないのか、それとも食卵しているかのどちらかだと思うのですが、その辺も考えて水槽内を変更していこうかと思っています。


次に治療水槽ですが

R0024769
今までは、仮水槽としてテトラのメダカ飼育セットの25cmプラ水槽を使っていたのですが、ちびアベニー達が使っていた30cm水槽に入ってもらいました。
水槽がほどよい広さと高さの為、世話もしやすくなりました。

R0024887
写真手前が、まご1期生の生き残りの『まご助』で、奥が第1水槽でガリガリに痩せてしまった子アベニーです。
子アベニーと言っても爺さんですが・・・

R0024889
ケースに入っている子が、胸に赤い点があった子で、後ろの方でぼやけて写っている子が、第2水槽で立ち泳ぎ状態から泳げなくなり、ろくに餌を食べなくなって弱ってしまい、他の子に突かれそうになっている所を救出して隔離して以来、半年以上ずーっと隔離生活を送っている子です。

R0024895
この子は、仮水槽にした際に第2水槽から隔離した元『色の綺麗な子』です。
以前の面影は無く、日に日に痩せてきて見るも無残な姿になってきています。


最後に、ひ孫水槽ですが

R0024770
今までは15cm水槽にいたのですが、これから本格的な冬を迎えるにあたって、同じ15cm水槽ではガラスの厚みが3mm.と薄く水量も少ないので、水温の変化を受けやすいかな?と思い、この子達の曾婆ちゃんの『いびるちゃん』が使っていたコトブキ クリスタルキューブの20㎝水槽に入ってもらいました。
この水槽をセットしながら『いびるちゃん』が生きていた頃の事を思い出しちゃいましたよ。

R0024771
R0024773
水槽を変更してすぐは広すぎるせいかオドオドとしていたのですが

R0024973
1日経ったら、いつものように水槽内をスイスイと泳いでいました。

R0024979
この子も定位置であるフィルターの上で、マッタリとしていました。
この子達を移す時にヒドラも一緒にくっ付いてきたんじゃないかと心配なのですが、今の所はヒドラらしき物は見当たらないので、もしかしたら大丈夫だったのかな?

いま、ひ孫達を移した後に回収したヒドラで、餌の無い状態で何日間生きていられるか様子を見ているんですけど、か細くなってきちゃいました。
ちょっと可哀想な気もするのですが、どのみち駆除される運命なのですから、私の好奇心に少々付き合っていただこうかなぁなんてね。

リンク