カテゴリー「アベニーパファー まご5期生」の8件の記事

2007年3月24日 (土)

大失態・・・

今朝、アベニー稚魚にエサを与えようと水槽から給餌ケースに移す途中で、スポイトから稚魚が飛び出してしまい、どこかに落ちてしまいました。
必死で探したのですか、全然見当たらなく探し出すことができませんでした・・・

孵化した稚魚も孵化した次の日に死んでいるので、前回に引き続き今回も全滅してしまいました。

やっぱり2匹じゃツライよなぁ・・・

2007年3月17日 (土)

だいぶ大きくなりました

20070317_361

20070317_362
赤かったお腹の部分も薄茶色になりました。

20070317_372
上から見ると、こんなにデブになりました。

2007年3月14日 (水)

孵化したてのホヤホヤ

20070314_322
今朝、卵を見て見たら孵化しかかっているような感じでした。

20070314_323
稚魚にエサを与えるため、なるべく刺激を与えないように稚魚を別容器に移してエサをの準備をしていたのですが、ふとケースを見て見たら孵化していました。

20070314_325
孵化したての稚魚です。

20070314_326
大きい稚魚の方はというと、エサのおあずけをくらってしまい、何か食べるものはないかと頻りに下を向いて何かを探していました。

20070314_327

20070314_328_1

20070314_329
思わずエサをあげるのも忘れて写真撮影してしまいました。 

2007年3月10日 (土)

アベニーの不思議

20070310_288_1
今朝、卵から孵化していました。

20070310_299
夜に見て見たら、こんなところに張り付いていました。

20070310_298
大人になったアベニーもガラス面に張り付いて寝ていることがよくありますが、どういう原理で張り付いているのかなあ?


2007年3月 9日 (金)

卵の方は

20070309_275
結局、孵化しそうな卵は1個だけになってしまいました。

20070309_276
何となく卵の形がいびつになってきているので、もうそろそろ孵化するのではないかと思われます。

20070309_274
稚魚の方は、まだまだツートンカラーで背中だけ薄茶色でお腹は赤い・・・


2007年3月 8日 (木)

ちょっとだけ冒険

20070308_258
6日の朝に卵を回収して、その日のうちに孵化した稚魚が死んでカビていたので取り除こうかとスポイトを産卵ケースの中に入れて動かしていたら、その時の風圧でケースのスキマ近くにいた稚魚がケースの外に飛び出てしまいました。

20070308_259
飛び出た場所がフィルターのすぐ傍だったので、水流がキツイせいか流されまいと踏ん張っていたのですが、しばらくすると諦めて水流の弱いところまで避難していました。

20070308_260
昨日、自分で脱走した時は半径2.5cm~3cmくらいの場所での移動しかしていなかったのに、今日は広範囲で水槽の探索をしていたので30分くらい自由に泳がせていました。

20070308_264
そろそろケースに戻そうかと水槽を見てみたら、稚魚がヒーターカバーの穴の前で立ち止まり、しばらく中の様子を窺っていたのですが、意を決して中に入っていこうとしたので、あわててスポイトで吸い込んでケースに戻しました。
ちょっと目を離すと何をしでかすかわからないので、注意して見ていないとならないので大変です・・・

20070308_266
3個あった透明な卵のうちの1個は、だいぶ赤くなってきたのですが、残りの2個はダメでした。
6日に孵化した稚魚も今朝見たときには、死んで水カビが生えていました。


2007年3月 7日 (水)

お腹がすいて脱走?

20070307_231
仕事から帰ってきて、稚魚の様子を見ようと産卵ケースの中を覘いたら稚魚がいないので、探して見たらケースの下にいました。


20070307_234

お腹が空いているのか、下ばかり向いて何かを探しているように見えました。


20070307_238

結局、探したけど食べられる物が無くて途方にくれているように見えたので、エサを与えることにしました。


20070307_243

給餌用のケースに移し変えて餌待機中の稚魚


20070307_244

ブラインを投入したら餌に向かってまっしぐらの稚魚の後ろ姿


20070307_245

長時間ブラインまみれになっていたので、息苦しくないかと心配してブラインの場所から離してやっても自分からブラインの場所まで戻ってしまう・・・


20070307_249

満足したのかな?


2007年3月 6日 (火)

懲りずに

20070306_198
じつは、小さい子が死んでいるのが分かってからすぐに、子アベニー水槽から卵と稚魚を回収していました。


20070306_205

もう泳げるようになっている稚魚1匹と孵化してまだ生きているけど奇形の稚魚が2匹と孵化しそうな卵1個と透明な卵3個を回収しました。
写真の一番奥の稚魚は、仕事から帰ってきたら孵化しそうな卵から孵化していた稚魚で、変なかっこをしているヨークサックがついている稚魚一番手前に写っているオレンジ色のは奇形の稚魚です。
まだ、色が変色していないので一応は生きているのでしょうが、多分あと何日もしないうちに死んでしまうでしょう。
手前の方にハッキリと写っている2個の卵は、すでに白い斑点が出ているので受精していない卵みたいです。
写真では分かりづらいのですが、左側の卵の後ろの方にもう一つ卵があるのですが、この卵は状態が良く白い斑点が出ていないので受精卵の可能性が高く、うまくすれば孵化させることができるかもしれません。
ちょっと心配なのは、孵化したての稚魚なのですが、もう少し様子を見て見ないとハッキリとは分からないのですが、形がちょっとおかしいのでもしかすると奇形の可能性が高いかも・・・


20070306_209

この子は、顔立ちもハッキリしているし体色もだいぶ変わってきているので、孵化してからかなり経っているのでは?という感じです。
子アベニー水槽には、数が多いため餌を食べ損ねた子達の為に毎朝ブラインを3mlのスポイト1本分与えているので、ブライン慣れはしている可能性は高いし、もしかしたらすでに食べられるようになっているかも・・・


リンク