カテゴリー「第1アベニー水槽」の3件の記事

2008年3月25日 (火)

水槽移動しました

ひ孫専用の稚魚飼育水槽が欲しいなぁと前々から考えていたのですが、水槽はあるけど置く場所が無ければコンセントの空きも無かったので設置する事ができなかったのですが、やはり稚魚飼育用の水槽を設置した方が管理もしやすいし、今みたいにとりあえず的な状態よりは、適した環境で飼育した方がいいので専用水槽を設置することにしました。
とは言っても置く場所が無い為に増やせないので、子アベニーとまご2期生が混在している第2水槽の子達を第1水槽に移動させることにしたんです。
しかし、第2水槽には老化が進んだ爺さんアベニーが2匹いるし、1匹は目がかなり悪くなってしまっている子なので、第1水槽に移す訳にもいかず隔離水槽の方へ2匹を移しました。

R0031313
うちで一番体の大きい爺さんと

R0031340
老眼が進んでしまった爺さんです。

体の大きい爺さんは、最近は反応がかなり鈍くなってきて、皆が餌を食べ終わった頃にヒョッコリ出てきたりってことが多くなってしまったし、老眼の爺さんの方は、目の調子が悪いと赤虫が1本か2本しか食べられない時があるので、1日2食与えている隔離水槽の方がいいかな?って思い、この2匹を移したんです。

ついでに、第1水槽の方にも体が小さくなっている子がいるので、1匹だけ隔離水槽の方へ移動させました。

R0031255
この爺さんです。
どれだけ小さいのかと申しますと・・・

R0031320
ちょっとわかりづらいのですが、手前にいるのが隔離水槽を立ち上げた当初からいるまご助なんですが、まご助もそんなに大きくはないのですが、そのまご助よりも小さいんです。

R0031311
同期の体が大きい爺さんと比べると、こんなに違うんですよ。

R0031322
ちなみに、まご助と体の大きい爺さんの違いはこんなもんです。

R0031315
左から、まご助、第1水槽から来た体の小さい爺さん、第2水槽から来た体の大きい爺さんです。

体の小さい爺さんも、生存競争の激しい第1水槽よりは、おっとりした子が多い水槽の方が、ゆっくり餌を食べられると思うので、こちらの水槽に移したのです。
他の子と比べると細すぎですもんね。

隔離水槽も、3匹しかいなかったのが6匹になってしまったし、先の事も考えて一回り大きい水槽に変更しようかと思っているんですよ。
徐々に移動させているので、もう少し先になってしまうんですけどね。

R0031343
第2水槽にいた他の子達は、こちらの第1水槽の方へ移したのですが、どの子がそうなのかは分からなくなっちゃいましたcoldsweats01

R0031345
ちょっと体格が良くて若そうな子が、たぶんまご2期生の子なんじゃないのかなぁ・・・

R0031349
大丈夫だとは思うのですが、この水槽に馴染めない子が出てきたら隔離水槽の方へ移すとして、しばらく様子を見てみようかと思います。

このまま馴染んでくれるといいんですけどね。

この後の予定としては、第3水槽にいるまご3期生とまご6~8期生達を一緒にして、来週くらいに空いた第2水槽の方へ移そうと思ってます。
そうなると第3水槽が空くので、その水槽に隔離水槽にいる子達を移そうかなぁ~って考えているんです。
で、まご6期生~8期生がいなくなった水槽を、そのまま稚魚飼育水槽にしようかと思ってるんですよ。

小さい子達は移動させなくて済むようにって考えたんですけど、果たして何事も無くうまくいってくれるかなぁ。

2007年12月13日 (木)

現在の子アベニー達

今日は出番の少ない子アベニー達の近況を書いてみようかと思います。

早生まれの子は3年2ヶ月が経ち、遅生まれの子も3年が過ぎました。

生存競争が激しい為、多少痩せている子もいますが、今の所は☆になる子も隔離水槽に行く子も出ておらず何とか頑張っています。

R0022715
写真は1ヶ月以上前に撮影したもの(水槽内のカップは気にしないで下さい)なのですが、10月に早生まれの子が3年を迎えた後、引き篭りになって気付いたらガリガリに痩せていたとか、体調を崩して泳げなくなっていたりする子の発見が遅れないように水槽内のレイアウト物を全部撤去し、見通しがよく常に目が届く状態にしました。

若くても前日までは元気だったのにとか、朝見た時は何ともなかったのに夕方には体調が悪くなってるーみたいに急激に弱ることがあるので、高齢の子アベニー達は特に気をつけてないとと思ったからなのです。

R0022979
何もなくなってアベニー達が落ち着かないのでは?と思うでしょうが、エアストーンの下の隙間とかヒーターの下とか投げ込み式フィルターの裏とか、私からは丸見えだけどアベニー達にとっては隠れているつもりになれる場所があるので、意外にも大丈夫みたいです。

R0022987
エアストーンの下の隙間にいる子って、ドキドキして隠れているのではなく「はぁ~、何か落ち着く~」って感じでボヘーってしているようにみえません?
って、私が勝手にそう思っているだけかな?

必要以外の物は何も入れていないので、観賞用の水槽って感じでは無くなってしまったのですが、私って見た目はあまり気にしないので、管理が楽になってよかったなぁとか思っちゃったりしてるんです。

均等に行き渡るように上の方から餌をばら撒いているのですが、物があると隙間に入り込んだりして食べられずに残飯になったりするし、それを取り除くのにも手間がかかっていたんですけど、今はそういった事が無いんですよ。



元々が目につく(口がとどく)ところにある餌は、時間がかかってもキレイに食べてくれる子達なので、見通しが良くなった分、餌も食べやすくなったんじゃないかな。

R0026071
食欲旺盛で、ほんとうによく食べる子達なのですよ。

食べている割には運動量が違うからなのか?第2水槽にいる子アベニー達と比べると小さいって言うか普通サイズでデカく無いのです。

R0026050
この子達の親と第2水槽にいる子アベニーは、3年経つか経たないかってくらいから見る度に「またデカくなった?」って感じで大きくなっていったのですが、第1水槽にいる子アベニーは「何か小さくなってない?」って思うような子もいるんですよ。

この水槽内にいる生体数からすると60cmの水槽では小さすぎると思うので、そのせいであまり大きくなれないのかもしれないのですが、小さくなっちゃうのはどうかと思うんですけどね。

で、小さいからそう見えるのかもしれないのですが、第2水槽にいる子アベニーより若く見えるんです。

特にオスがね。

メスは頻繁に産卵をしているので老けちゃってるんですが、オスは目の横のシワをマジマジと見なければ、とても3年も経っているようには見えないんです。

でもジジイなんですけどね(笑)

とまあ、現在はこんな感じなんですけど、元気いっぱいで動きが早いものだから、なかなか写真を撮るのが難しくて出番が少なくなっちゃうんです。

年をとっても元気なのは嬉しい事なんですけどね。

2007年4月 9日 (月)

激しすぎるアベニーのエサくれダンス

第1アベニー水槽の子アベニー達ですが、現在60cmらんちゅう水槽に50匹以上60匹未満といった数の子達がいます。
エサの準備を始めるとソワソワしだし、水槽の前に立つと水飛沫が・・・



動きが早くて何が何だか分からないと思いますが、雰囲気だけは伝わるかと思います・・・


リンク