カテゴリー「アベニーパファー ひ孫1期生」の20件の記事

2009年1月 4日 (日)

やっぱり産んでた

ひ孫1期生の2匹のアベニー達なんですが、2匹ともメスなんですけど、以前に体格の良い子の方が卵を持っているって書いたのですが、その後産んでいる様子も無く卵を持ったままで大丈夫なのかなぁって心配していたんですけど、今朝というかちょうど日付が替わった頃に水替えをしようとゴミ取りをしていたら、卵らしき物が転がっていたのでスポイトで吸い取って確認したところやっぱり卵でした。

20090104_01
これが見つけた卵なんですが、メスしかいないのでもちろん無精卵です。
無精卵なので、すでに白くなり始めていました。

20090104_02
産んだのは、間違いなくこの子でしょう。

20090104_03
もう1匹の子は、この縦泳ぎだった子なんですが

20090104_04
この子のお腹は、どう見ても卵を持っていそうに無いでしょ。

20090104_05
ご飯食べても、これくらいしか膨らまないんですよ。

20090104_06
それに比べて卵を産んでいたであろうこの子のお腹って・・・
まだ餌を食べる前の状態なんですけどね。

20090104_07
そんなに食べても大丈夫?ってくらい良く食べるんですよ。
ちょっと臆病なので水槽の奥にいることが多く、餌を与えている時ですらもう1匹の子と一緒でないと水槽の全面に出てくることは滅多になかったのですが、食欲が旺盛になり始めた頃から1匹だけでも前面に出てくることが多くなり、人の姿を見ると一瞬引くんですが気付くと前面で餌待ちしてたりするんです。
そんな食欲旺盛な彼女が、もう1匹の子が餌を食べているのにフィルターの後ろに隠れたまま出てこなくて餌を食べない時が度々あるんですけど、でもお腹はプクプクで餌を食べていないようには見えないので、自分が産んだ卵を自分で食べているのかもしれませんね。

20090104_08
でね、この子達は先月の30日で1年7ヶ月が経ったのですが、以前は常に行動を共にするとっても仲の良い2匹だったんですけど、最近は別行動をとることが多く、しかもこの卵を産んでいる子の方がもう1匹の子を邪魔者扱いする姿を時々見かけるんです。
威嚇程度で突いている訳ではないので大丈夫だと思うのですが、あんなに仲が良かったのに卵を産むようになると変っちゃうんですかね。
でもね、邪魔者扱いする時はあっても、ちょっとビックリしたり何かあったりすると、すっ飛んでもう1匹の子の傍に行って、まるでお姉ちゃんの後ろに隠れる妹って感じなんです。
この子の方が体が大きいのに、本当に後ろに隠れるんですよcoldsweats01

今後この2匹の関係がどうなっていくのかはわかりませんが、できればいつまでも仲の良い2匹でいて欲しいものですね。

2008年11月11日 (火)

ひ孫1期生の水槽変更

40cmの水槽が欲しくてチャームさんで探していたら、私の気を引いてしまった20cm水槽があったので、思わずポチッと押してしまいました。
蓋がね、気に入っちゃったんです。

20081111_01
で、こちらが思わず買ってしまったニッソーのクリアメイトです。
小型水槽の蓋って外掛けフィルターを掛ける為なのか、水槽の三分の二程度しか無いじゃないですかぁ。
外掛けフィルターを使わない私としては、できればピッタリ閉まるものがいい訳でして・・・

20081111_02
これってスライド式だから、何かと便利かなぁ~と思ったんです。

20081111_03
餌を与える時は、蓋を外さなくてもスライドさせればいいし

20081111_04
普段は閉めといてって感じでね。
手前の蓋を付ける向きが違うと思うのですが、私的にはこっちの方が隙間が少なくていいかな?って事で、あえて逆に付けたんです。

20081111_05
今まで50Wのヒーターを使っていたのですが、思うところがあってヒーターをもう1本増やさないといけなくなったので、30Wのヒーターもついでに買ってしまいました。
でも、このメーカーでこの型のヒーターって前に一度痛い目にあっているので、私的にはできれば使いたくなかったんですが、小さいって言うのが魅力的なんですよねぇ。
何事も起きなければいいのですが、ちょっと心配ではありますね。

20081111_06
で、全体的にはこんな感じです。

20081111_07
いつものように深夜の作業だったので、作業が終わって写真を撮る頃には半分寝ている状態でした。

20081111_08
こっちの子も目が変でしょcoldsweats01

20081111_09
こちらは翌朝の写真です。
この子は、ちょっとストレスを感じてるのかな?

20081111_10
こっちの子は、全然平気みたいです。
ってか、この子太ってるでしょ。

20081111_11
この子ってメタボな訳じゃなくって、卵をもっているんですよ。
メスしかいないので、ちょっとかわいそうな気もするんですが、ひ孫3期生の子が大人になっても同居させたくないんですよねぇ~

20081111_12
だって、この子達の関係を壊したくないんですもん。
私の我儘なんですけどね。

たぶん余程のことが無ければ、これ以上この子達の水槽の変更はしないんじゃないかな。

2008年8月 4日 (月)

一緒にいて飽きない?

ひ孫1期生のアベニー達なのですが、オスとメスのペアだったらよかったのに~って思っちゃうくらい、異様なまでの仲の良さっぷりを見せてくれているのですが、今朝も何気に水槽を見てみると・・・

20080804_01
やっぱり2匹一緒に行動を共にしていましたhappy01

20080804_02
何をするにも一緒のメス2匹なんです。

20080804_03
2匹の仲の良いところは、言葉で語るより写真を見た方がいいかもってことで、ここからは写真が続きますcoldsweats01

20080804_04

20080804_05

20080804_06

20080804_07

20080804_08

20080804_09

20080804_10

20080804_11

20080804_12

20080804_13
ねえ君たち、常に一緒にいてイヤになったりしないの?

2008年6月21日 (土)

1年経ってたのね~

チビアベニー達に気を取られてすっかり忘れていたんですが、ひ孫1期生のお姉様達が先月の末で1年経っていましたcoldsweats01
小さい時から2匹だけで育ち、メス同士ってこともあってか仲が良く、大きくなってからは1匹が縦泳ぎになってしまい体を動かすのが不自由になってしまったのですが、もう1匹の子が気遣ったりする姿も見られ、2匹でうまく生活しているんですよ。

R0034192
奥に写っているのがラムズ君の稚貝を食べていた子です。
この子は手のかからない子で、水替えと餌だけ与えてたら勝手に育ったって感じです。

R0034193
手前に写っているのが縦泳ぎの子です。

4月の時点でだいぶ泳げるようにはなっていたのですが、まだ長くは泳げなかったんですけど、泳ぎ方は相変わらず縦泳ぎなんですが、かなり長いことゆったりと水中を漂うことができるようになりました。
ていうか、最近は泳いでいる時の方が多いんです。


同じ場所でフヨフヨしているでしょ。
以前は一箇所に留まるってことができなかったんですよ。

R0034397
だから以前は、こんな風に泳いでいる姿って写真に撮りづらかったんです。
お腹を底にベチャってつけて蹲るってことも無くなりました。

R0034196
以前だったら、体を動かすのが不自由な縦泳ぎの子の方に、もう1匹の子が寄っていって傍にいてあげるって感じだったのですが

R0034197
最近では自由に動かすことができるようになったので、縦泳ぎの子の方がもう1匹の子を誘いに行って

R0034199

R0034200
こんな風に2匹で一緒に泳いでいる姿を頻繁に見かけるんですよhappy02

R0034202
これからも仲良しでいてねhappy01

2008年4月10日 (木)

明るくなったよ

ひ孫1期生達のいる水槽にはライトが無く、今までは両隣の水槽のライトの明かりだけだったのですが、色々と変更した際に水槽の場所を移動しライトも付けてあげましたhappy01

R0031634
明るくなったので、ひ孫1期生の2匹がよく見えるようになりましたcoldsweats01

うっすら暗かった時は茶ゴケが生えなくて良かったのですが、ライトを付けて3日でうっすら茶ゴケが・・・
すぐにコケコケ水槽になっちゃいそうですcoldsweats01

ひ孫1期生達は10ヶ月を過ぎたのですが、2ヶ月くらい前に立ち泳ぎの子が体調を崩して大変な時期もあったんです。

R0031640
手前にいる子が立ち泳ぎの子です。

いつもフィルターの上にいる子なんですが、フィルターの上にいないので変だなぁって思いながら探してみると・・・

R0028774
水槽前面の右隅で、尾を曲げてうずくまっていました。

もともと小食な子ではあったんですが、3日前から2食与えている内の1食しか食べず、しかも赤虫を1本しか食べなくなっていたので心配していたのですが

R0028776
呼吸は荒いし体の自由もきかないらしく、私が見ているのに気付いて体の向きを変えようとしても、なかなか向きを変えることができず、もがきながらやっとこちらを向くことができたのです。

体の向きを変えるだけでも大変なので、泳ぐこともできずに自分の定位置に戻れなくなってしまいました。

この日から食事を取らなくなってしまったんです。

R0028820
ほとんど動かず息を荒げていて、餌を目の前に落としても反応してくれないので、お腹が凹んできちゃったんです。
元々が太っている子ではないので、食べられなくなったら一気に痩せちゃうだろうと思い、1日半食べなかった時点で赤虫から生ブラインに切り替えたんですが、やっぱり反応してくれなかったので、頭上から口の中にブラインが入るように与えて無理矢理食べさせました。
少し食べると逃げ出そうとするので、少しでも食べてくれたらそれ以上は無理強いせず、少しづつ食べさせる量を増やしていったんです。

R0028842
日が経つにつれ多少は食欲が戻ってきたのか、まだ赤虫は食べられないけどブラインならって感じで、ブラインが入ったスポイトに反応するようになり、生ブラインなら自分から食べてくれるようになったんです。
そんなこんなで1ヶ月過ぎたくらいから赤虫が食べれるようになり、泳げるって言うには程遠いんですが、ちょっとだけなら泳げるようにもなってきました。

1ヶ月半を過ぎたあたりから調子が良くなってきたらしく、気が付いたら・・・

R0031242
フィルターの上に戻っていたんですhappy02
この姿を見た時は嬉しかったですね。

立ち泳ぎの子が体調を崩している頃、もう一匹の子はどんなだったかと申しますと



丸々と太っておりましたcoldsweats01

R0028784

R0028786

R0028787
この子は体調を崩す事無く元気だったんですよ。

とまぁ、バタバタしていた時期もあったんですが、現在は2匹とも元気にしております。

R0031641
立ち泳ぎの子は、相変わらず小食なんでスリムなんですが、こんな上の方まで泳げるようになったし

R0031635
もう1匹の子も相変わらずプクプクしてます。

R0031754

R0031755

R0031756

R0031757

R0031758
どうです、いい体型しているでしょ。

R0031752
立ち泳ぎの子は、たまに下に降りて寝ている時があって、また体調が悪いのかってドキッとさせられる時もあるのですが

R0031759
目が覚めて私に見られているのに気付くと、凄い勢いでドッピューンと逃げてくれちゃうので、逃げられちゃうのは悲しいんですが、逃げる元気があるのは喜ばしい事だと思うようにしています。

今までは水槽と水槽に阻まれて、ちゃんと様子を見てあげることができなかったのですが、見やすい位置に移し水槽内も明るくなったので、様子を見てあげる時間も増えるんじゃないかなhappy01

2007年11月29日 (木)

立ち泳ぎの子

ひ孫水槽にヒドラが湧いちゃったって記事で、立ち泳ぎの子がいるって書いたのですが、その子は生後5ヶ月目に入ったあたりから様子がおかしくなってきたのです。

R0017511
この子が立ち泳ぎをするようになってしまった子なのですが、この写真を撮ったのは8月の初め頃で、この頃は普通に泳いでいたのです。
当時のお気に入りの場所は、写真に写っている逆サーモのセンサーあたりで、この場所からあまり動かない子だったのです。

R0018287
1日に1~2回くらいこの場所から離れているみたいなのですが

R0018340
殆どこの場所から動くことがなかったのです。

あまり動かない子なので、泳げなくなっているのかな?と疑った時もあったのですが、日に何回かは泳いでいたし、この水槽に入ってから餌を食べている姿をあまり見かけなくなったのですが、気付くとお腹がポッコリしているので、餌もちゃんと食べられているみたいだし大丈夫と思い、あまり気をつけて見ていなかったのです。

R0018645
9月の初め頃に撮った写真です。

この頃もまだ普通の姿勢で泳いでいたのですが、9月の中頃になって泳ぎ方に違和感を感じたっていうか、泳いでいる高さに違和感を感じるようになったのです。
よく見ていると低い位置でしか泳いでいないような気がしたんですよ。
日が経つにつれ泳いでいても尾が下がりぎみって感じになってきたので、その頃になってようやく泳ぎ方がおかしくなってきている事に気付いたのです。

R0021149
10月の初め頃に撮った写真です。

もう完全に立ち泳ぎになってしまったし、体もちょっと痩せてきてしまいました。
この頃になるとフィルターの上を移動する程度でしか泳がず、餌もこの上で食べるようになってしまいました。

R0022012
10月の中頃に撮った写真です。

自分でブラインを食べに行くことができないので、1日に2~3本の赤虫を2回と近くにきたブラインを食べているだけなので、ゆっくりではありますが少しづつ痩せてきているのです。

R0022026
鰭はちゃんと動いているのですが、隣に写っている子みたいに浮くことができないし、泳ごうとするとかなり体力を必要とするみたいなので、普段はお腹をベチャっとくっ付けてじっとしているみたいなのです。
それでも、餌を貰うときは不自由な体で『餌くれダンス』をしているんですよ。

どのような泳ぎ方をしているのかは動画で見た方が分かると思い撮ってみたのですが、水槽内が少々暗いので逆に分かりづらいかな?



最後は疲れて「よっこらしょ」って感じでしたね。

R0025536
現在は、こんな感じです。

なぜこのような泳ぎ方をするようになってしまうのかは分からないのですが、たぶん飼い主側に原因があるんでしょうね。
でも、赤虫が食べれるようになっててよかったー
ブラインしか食べれなかったら、もっと早くに餓死していたかもしれない・・・

2007年11月21日 (水)

お引越し

ひ孫水槽をリセットしようかと思ったのですが、フィルターは新しいのと取替えないとならないし、水槽も熱湯消毒しないとならないので、手っ取り早く別の水槽に引越しさせることにしました。
ついでに、ちびアベニー水槽と第3アベニー水槽と治療水槽も変更をしちゃいました。

まずは、ちびアベニー水槽ですが

R0024786
今までは、トリオコーポレーションのビバリア アール3119(31㎝×18㎝×19㎝  8L)を使っていたのですが、コトブキのダックスC35(35㎝×19㎝×21㎝  13L)に変更しました。

R0024790
行く行くは、45cm水槽か第2水槽の住人に別の水槽に移ってもらって、60cm水槽に入ってもらおうかと考えているのですが、もう少し大きくなるまでは、この水槽で様子を見ようかと思います。

R0024789
少しだけ水槽が大きくなったので、まご8期生が入っているケースも大きくしました。

R0024787
R0024788
この子達も、しばらくはケース生活かな。

次に第3水槽ですが

R0024775
今までは、GEXのカメ飼育セットの30cm水槽を使っていたのですが、こちらもコトブキのダックスC35に変更しました。
6匹しか入っていないのに大きい水槽にしたのには訳がありまして・・・
ひ孫ちゃんを増やすべく、アベニーが卵を産みやすい場所を作るのと、卵を回収するときに使う掃除用のポンプを無理なく入れられる広さを確保したかったのです。

R0024783
本当は、もう少し大きい水槽にしたかったのですが、水槽を置くスペースの問題から、この大きさが限度なのです。

R0024776
卵の回収率がメチャメチャ低いので、繁殖行為らしきものは行っているが卵を産んでないのか、それとも食卵しているかのどちらかだと思うのですが、その辺も考えて水槽内を変更していこうかと思っています。


次に治療水槽ですが

R0024769
今までは、仮水槽としてテトラのメダカ飼育セットの25cmプラ水槽を使っていたのですが、ちびアベニー達が使っていた30cm水槽に入ってもらいました。
水槽がほどよい広さと高さの為、世話もしやすくなりました。

R0024887
写真手前が、まご1期生の生き残りの『まご助』で、奥が第1水槽でガリガリに痩せてしまった子アベニーです。
子アベニーと言っても爺さんですが・・・

R0024889
ケースに入っている子が、胸に赤い点があった子で、後ろの方でぼやけて写っている子が、第2水槽で立ち泳ぎ状態から泳げなくなり、ろくに餌を食べなくなって弱ってしまい、他の子に突かれそうになっている所を救出して隔離して以来、半年以上ずーっと隔離生活を送っている子です。

R0024895
この子は、仮水槽にした際に第2水槽から隔離した元『色の綺麗な子』です。
以前の面影は無く、日に日に痩せてきて見るも無残な姿になってきています。


最後に、ひ孫水槽ですが

R0024770
今までは15cm水槽にいたのですが、これから本格的な冬を迎えるにあたって、同じ15cm水槽ではガラスの厚みが3mm.と薄く水量も少ないので、水温の変化を受けやすいかな?と思い、この子達の曾婆ちゃんの『いびるちゃん』が使っていたコトブキ クリスタルキューブの20㎝水槽に入ってもらいました。
この水槽をセットしながら『いびるちゃん』が生きていた頃の事を思い出しちゃいましたよ。

R0024771
R0024773
水槽を変更してすぐは広すぎるせいかオドオドとしていたのですが

R0024973
1日経ったら、いつものように水槽内をスイスイと泳いでいました。

R0024979
この子も定位置であるフィルターの上で、マッタリとしていました。
この子達を移す時にヒドラも一緒にくっ付いてきたんじゃないかと心配なのですが、今の所はヒドラらしき物は見当たらないので、もしかしたら大丈夫だったのかな?

いま、ひ孫達を移した後に回収したヒドラで、餌の無い状態で何日間生きていられるか様子を見ているんですけど、か細くなってきちゃいました。
ちょっと可哀想な気もするのですが、どのみち駆除される運命なのですから、私の好奇心に少々付き合っていただこうかなぁなんてね。

2007年11月19日 (月)

ひ孫水槽に・・・

ヒドラが湧いちゃいました。
昨年はヒドラに悩まされた年でしたが、しばらくお目にかかっていなかったので、もう目にすることは無いかと思っていたのに、あっという間にひ孫水槽がヒドラだらけになってしまいました。
幸いな事にスポイトを別にしていたので、他の水槽に広がらなかったのが唯一の救いでした。

R0023985
最初は、小さくてか細いヒドラが数匹だったのでスポイトで吸い取っていたのですが

R0024041
フィルターの中に入り込んでしまい、それでも見える部分にいたのが数匹だったので、まだ大丈夫と思っていたら、どうもフィルターの内側に巣くっていたみたいなのです。

R0024686
フィルターのエアー排出口からスポイトを差し込んで吸い取ってみたところ、気持ち悪いくらいのヒドラが吸い取れました。

R0024701
最初は気持ち悪かったのですが、見ているうちに面白くなってきて暫く見入ってしまいました。

R0024724
色んな形に変形したり、餌を取る為にビロ~ンと触手を伸ばして

R0024706
捕まえたブラインを口らしきところに運んだりする姿を、まじまじと見てしまいました。

って、のんきにヒドラを眺めている場合ではなく、大きくなったアベニーに害は無いのは分かっているのですが、ヒドラがいると落ち着かないみたいなのです。

R0024730
フィルターの所で立ち泳ぎをしている子がいるのですが、もうだいぶ前からこのような泳ぎ方で、少し泳ぐと疲れてしまい、写真右上の子のように長時間水中を漂うってことが出来ないのです。

立ち泳ぎをしている子がいつもいる場所がフィルターの上なのですが

R0024739
フィルターの上にもヒドラがいる為

R0024740
気になって場所移動したりしているのです。

R0024737
この子は浮いていられるから大丈夫なんですけどね。

体の不自由な子が可哀想なので、水槽をリセットすることにします。

2007年9月 8日 (土)

そんなに気になる?

R0018326
お気に入りの場所この子は利口なのか?に登場したひ孫ですが、ラムズの稚貝が出てきたらしくパクパク食べていたのですが

R0018317
下の方に付いていた卵から生まれた稚貝を食べちゃったらしく

R0018327
まだ物足りないのか、すぐ上に付いている卵に目が・・・

R0018323
とっても気になるみたいです。


残りの2枚の葉の裏に付いているラムズの卵も見て廻るのですが、やっぱり気になるラムズの卵のところに戻ってきてしまうのです。

R0018316
R0018318
この2枚の葉の裏の卵は、まだ稚貝が出てきそうも無いんですかねえ?

て言うか、そんだけお腹パンパンなんだから、もういいだろうって気もするんですけどね。


その後、ラムズ君のこんな光景を見てしまいました・・・

R0018334
卵を食べられちゃったので

R0018336
卵のあった所と同じ場所に

R0018338
せっせと卵を産み付けていました。

また、食べられちゃうのに・・・

2007年8月26日 (日)

この子は利口なのか?

昨日も仕事で帰りが遅くなり夜10時頃になってしまったので、ちびアベニー達がお腹を空かせて何か問題を起こしていないかなぁ?と心配で急いで帰宅したのですが、人の心配をよそに皆さん熟睡していました・・・

ふと、ひ孫アベニーの水槽を見てみると

R0018453
お気に入りの場所で登場した色の薄い方の子が

R0018448
ラムズ君の上で寝てたのです。

この子の場合は、ラムズ君も移動しておらず寝ているみたいで、ちょこんと乗っかって寝ているだけなんですけど、朝に落ち込むような出来事があったので、この子を見た時はホッとしたというか、ホンワカした気持ちになったのです。

何となくそのままこの子の事を見ていたのですが、その後、この子は目を覚まして水槽内をゆっくり泳いでいました。

2匹しかいないせいなのか、ひ孫達の動きって物凄くスローなんですよ。

あまりおねだりはしないのですが、たまに見せてくれる餌くれダンスも超スローなんです。

夜も遅かったし、餌のおねだりをされたのでブラインを与え、またのんびり餌を食べている姿を見ていたのですが、超スローな餌くれダンスを披露してくれたのにもかかわらず、全然食べないじゃないかー。

ふよ~っと泳いでいる合間に、ハッと気付いたようにブラインを1匹2匹と啄ばむ程度で、ただ泳いでいるのです。

この子達って他の子達と一緒の水槽ではやっていけないんだろうなぁーと思いながらボンヤリ見ていたら、いつのまにかお気に入りのナナの葉の所に来ていて

R0018202
R0018204
R0018205
R0018197
ナナの葉の下を確認するかのように一周したかと思うと

R0018198
R0018199
R0018200
おもむろに、茎のあたりでビチビチしているブラインをバクバク食べ始めたのです。

ナナの葉の下を確認しながら一周したのは、ラムズの卵を見ていたみたいで、どうも食べごろのラムズの稚貝がいなかったので、しかたなくブラインを食べ始めたようです。

葉の裏のラムズの稚貝をほとんど食べつくしてしまって、この間ラムズ君がせっせと卵を産んでいたのですが、この子がいなくなってから葉の裏を見てみたら、だいぶ大きくはなってきているのですが、まだ卵の中から出てくる大きさにはなっていなかったのです。

もしかして、毎日「ラムズまだかな?」って確認しているのかなぁ?

そして、卵から出てくるまで待っているのかなぁ?

意外と知能が高い?とか感心しつつ、もう少ししたら卵から出て来るラムズの稚貝達を少しだけ哀れに思っちゃったりもしましたね。

だって、やっと外に出れたーと思ったら、いきなりパクっと食べられちゃうんですものね!

リンク